リップルキッズパーク*3歳娘とオンライン英会話無料体験!

外出自粛が長引く今日この頃。

3歳娘がおうちで親以外の大人と関われる習い事はないかと考え、子ども向けのオンライン英会話『リップルキッズパーク』の無料体験をやってみました。

2回の無料体験の様子と、やってみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

リップルキッズパークとは

リップルキッズパークとは、ABCが分からない子どもでも始められる、子ども専門オンライン英会話です。ZOOMやSkypeを利用して、海外にいる先生と生徒の自宅を直接つなぎ、レッスンを行います。

外国人の先生との英会話が月々3000円程度~と、他の英会話教室に比べてかなりリーズナブルです。

前々から存在は知っていて、娘が3歳になったら始めてみようかと思っていたオンライン英会話。娘は2歳くらいからABCの歌やアルファベットにはちょっとだけ興味を持っていて、最近になってやっと座って人の話を聞いてコミュニケーションをとることもなんとかできるようになってきたので、この外出自粛を期に、無料体験をやってみることにしました。

レッスンの予約・準備

無料体験の予約をしよう

まずは、リップルキッズパークのサイトにて、会員登録を行います。『無料体験レッスンを試してみる』というボタンから、必要事項を入力して予約。

予約は空いているところなら、どこでもOK。先生も自分で選びます。私は翌日の娘が昼寝から起きておやつを食べたあとあたりを目安に16:00~予約しました。レッスンは25分間です。

レッスンの環境を準備

  • ノートパソコン
  • ウェブカメラとマイク(パソコン内蔵のものを使用)
  • パソコン前に子ども用椅子

とりあえず子ども用の椅子を用意しておいて、じっとしていられなければ膝の上に座らせるつもりで準備しました。

今回のレッスンはZOOMで行いました。

レッスン前にリップルキッズパークのマイページを開くと、右上に扉のイラストがあり、時間になると扉が開きます。そこをクリックすれば、ZOOMが起動してレッスンが始まります。

2度の無料体験レッスンの様子

無料体験を実際にやってみたので、流れと娘の様子などをまとめてみます。

【無料体験1回目】アルファベット

1回目の体験は、アルファベットの学習でした。

【レッスンの流れ】

  1. あいさつ・自己紹介
  2. ABCの歌
  3. ABCフラッシュカード
  4. ABCの動画
  5. フルーツの名前(フラッシュカード)

まずはあいさつと自己紹介から。先生が画面に映ったので、よしレッスン開始だ!と思ったのですが、なんといきなりトラブル発生。事前にZOOMをきちんと確認できていなかったためか、こちら側の映像が映らないという事態が発生してしまいました(後から確認したところ、ZOOMの設定でビデオが映らないようになっていたみたいです)。

しかしもうレッスンが始まってしまっているため、どこをどういじればいいか分からないままスタート。

ドキドキしつつ私も「Hello」とあいさつ。娘も自分の名前を私に促されて言えました。先生の映像は映っていたし、こちらの声は届いているようだったので、もう映像はしょうがない!と割り切りました(先生ごめんなさい!)。

緊張した面持ちの娘も、先生がABCの歌を歌い始めると、小声で一緒に歌いはじめます。

ABCの歌が終わると、次に先生が取り出したABCのフラッシュカード。「Repeat after me!A、Apple」「B、Ball」…という具合にA~Zまで続きました。これは正直、大人が見ていても結構長くて、知っている単語などは最初小声で繰り返していた娘も、途中でややダレ気味に。

ちょっと疲れてきたかな…と思ったのですが、フラッシュカードが終わると、YOUTUBEのABCの歌動画が映り、娘興味を取り戻すことに成功。なんとか席から離脱せずに済みました。

動画が終わると、今度はフルーツやおやつのフラッシュカードを先生が見せて、単語をリピート。これも食べ物好きの娘はわりと楽しそうにしていました。これをいくつかやったところで1回目の体験は終了しました。

【無料体験2回目】数字

リップルキッズパークは無料体験が2回できるので、2回目はちゃんとZOOMの設定を変えて、ビデオがちゃんと映るようにして挑みました。

2回目は数字(1~10)のレッスンでした。

【レッスンの流れ】

  1. あいさつ・自己紹介
  2. YOUTUBEの歌動画
  3. 1~10のフラッシュカード
  4. 数字をカウントする歌動画

2度目は1度目と違う先生を選んでみました(先生は毎回選択できます)。

今回の先生は1回目の先生よりも、少しだけですが日本語交じりにコミュニケーションをとってくれる先生だったので、子どもは分かりやすかった様子。

前回よりも緊張が溶けたのか、あいさつから少しずつ受け答えができました。「How are you?」「How old are you?」「How is the weather today?」など、いくつか質問され、娘は何と聞かれているか分からないなりに、先生が答えを促してくれるのに沿って答えることができていました(意味はよく分かってないかもだけど)。

続いて、歌動画。

『Five little monkey jumping on the bed』と『Baby shark』の2曲。1曲目は娘の知らない曲だったのですが、繰り返しが分かり易く、よく反応していました。2曲目は知っている曲だったため、ここでとても笑顔になる娘。その様子を見てか、2曲目の終わった後振り付けを教えてくれて、もう一度手ぶりをつけて歌いました。これが一番ノリノリで楽しそうでした。

歌が終わると、フラッシュカードを使って1~10のカウント。先生の発音をリピートします。これも前回よりも自信を持って繰り返すことができました(声はまだまだ小さいけど)。

最後に、数字をカウントする歌動画を流して終わったところでレッスン時間が終了。最後の歌は知らなかったことと、じっとしていることに飽きてしまったのかいまいち反応は薄めでした。

やってみて感じたこと

娘は緊張しつつも楽しめたらしい

娘に英語の先生とお話してみてどうだった?と聞くと、「楽しかった!」とのこと。知らない先生とのお話で緊張するのか、いつも家ではしゃいでいるときのような積極的な姿はあまり見られなかったのですが、娘なりに楽しかったみたいです。

私としては、「もうやだ!」とならずに時間内にちゃんと椅子に座れただけでも娘の成長を感じました。先生の発音をリピートしたり、一緒に歌ったりすることもできていたので、最初にしては上出来かなと思います。3歳ってすごいな。

今後も続けるのであれば、もう少し大きな声でお話できるように自信をつけていきたいところです。

先生は明るくて優しい

1回目の先生も2回目の先生も、とても明るい雰囲気で優しく教えてくれました。

まだ日本語の受け答えさえも怪しい3歳児にも、根気強く語りかけてくれてありがたかったです。子どもが興味をもつようなイラストや歌動画を取り入れてくれるので、途中で席を外すことなく最後までレッスンを受けることができました。

ZOOMの回線が気になる

接続の環境にもよると思うのですが、海外の先生の自宅と、日本の生徒の自宅を繋ぐためだからか、時々ネットワークが不安定になり、時間がかかることがありました。

例えば、歌動画が流れる際、歌よりも映像がやや遅れて映ってしまう…みたいなことがちょいちょいあって、少しやりづらく感じました。

オンライン英会話の性質上ある程度は仕方ないことなのかもしれませんが、ちょっと慣れる必要があるかもしれません。

まとめ

娘、オンライン英会話初めての挑戦でしたが、ひとまず楽しめた様子。

予約のしやすさ、月謝の安さ、先生、3歳の子どもでも楽しめる内容など考えると、どれも結構気に入りました。唯一気になるのは、回線が不安定になることかな…。

入会するかどうかは、他のオンライン英会話の無料体験も一度試してみてから決めようと思っています。よかったら参考にしてみてくださいねー。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です