市原ぞうの国&サユリワールドを満喫!駐車場間はバス移動がお得!

千葉県にある市原ぞうの国と、隣接するサユリワールドへ遊びに行ってきました。

たくさんの動物に触れ合うことができて大満足。ぞうが好きな人や、動物に触ったりエサやりをしたりするのが好きな人にはぴったりの動物園です。2歳の娘も大喜びでした。

ぞうの国・サユリワールドの料金、駐車場情報を含め、園内の様子もご紹介します。

スポンサーリンク

市原ぞうの国・サユリワールドとは

千葉県市原市にある動物園『市原ぞうの国』は、日本で一番たくさんのぞうに会える動物園です。他の動物もたくさんいます。ぞうの国から徒歩5分の場所には、『サユリワールド』という別の施設があるのですが、そこもびっくりするぐらいいろんな動物とふれあえます。

どちらも草食動物がメインで、これまで私が行ってきた動物園とは一風変わった特徴のある動物園でした。

入園料金は共通券がお得!

ぞうの国、サユリワールドの入園料は以下の通り。

市原ぞうの国 サユリワールド 共通券
大人(中学生~) ¥2000 ¥1200 ¥2700
小人(3歳~) ¥900 ¥700 ¥1200
シニア(65歳~) ¥1600 ¥2600

ぞうの国、サユリワールドの両方に訪れるのであれば、最初に入園するときに共通券を購入すると、別々に入園するより500円もお得です。

動物を見てまわるだけなら、ぞうの国での所要時間は1~2時間、サユリワールドは1時間程度。サユリワールドの方が短時間でまわることができますが、ふれあい好きな人なら、いくらでも滞在できそうな空間でした。それぞれ面白かったので、個人的には両方行ってよかったと思ってます。

駐車料金は?園の行き来はシャトルバスあり

ぞうの国、サユリワールドにはそれぞれ駐車場があります。

ぞうの国では1日1000円、サユリワールドでも1日1000円となっています。2つの園を車で移動してしまうと、それぞれに駐車料金がかかってしまうので、シャトルバスと利用するのがお得です。シャトルバスは特に時刻が決められておらず、ずっと巡回してくれていたので、すぐに乗れて便利でした。

休日の混雑状況・子連れ情報

11月の日曜日に訪れましたが、駐車場、園内ともに特に混雑はなかったです。

まあまあ賑わってるなーという程度で、2歳の子連れでもゆったりと見て回ることができました。ベビーカーは持っていかなくて正解でした。市原ぞうの国は段差が多く、道もがたがたしているので、ベビーカーを押すのは困難です。赤ちゃんなら抱っこひもの方が便利かも。

授乳室、オムツ替えの施設も整っているので、乳幼児連れに優しいです。

市原ぞうの国とサユリワールド違いは?

市原ぞうの国は、ぞうさんをメインに他にたくさんの動物がいて、いわゆる一般的な動物園に近いところです。が、他では見ることのできないぞうのショーを見たり、ぞうに乗ったりできるのも人気です。

一方、サユリワールドは一般的な動物園より規模は小さいですが、開けた空間に放し飼いにされている動物がたくさんいて、ふれあうことができるという自由度がすごい。

私たちは今回、時間の関係でぞうさんのショーを見るのを諦めたのですが、いろいろ楽しみたい場合は、時間をうまく使ってまわりましょう。

ぞうさんライドやショーを見るならぞうの国へ

人気のぞうさんライドは、予約制です。

当日予約の場合、土日は午前中に売り切れてしまう場合もあるので、どうしても乗りたい場合は早めに訪れましょう。ネットで事前予約もできますが、予約料500円がかかります。広場1週3000円で、1名乗り、2名乗り、3名乗りの3種類あります。

ぞうさんショーは毎日開催されています。時間が決まっているので、行く前に確認しておきましょう。

ちなみに、ぞうさんライドやショーは見れなくても、ときどきぞうが園内を歩いてくれたりするので、他のどの動物園よりも間近でぞうが見られることは間違いありません。

ふれあい好きならサユリワールドへ

サユリワールドでは、キリン、カンガルー、ラマ、カピバラ、ワオキツネザルなどの動物たちとふれあうことができます。

入口を入ると、いきなり広い空間に出て、そこに自由にくつろぐ動物たちの姿が。動物と人間の間には柵がないので、めちゃくちゃ間近に来ます。ワオキツネザルに至っては、私のリュックを足場にして跳びまくってました。

動物が苦手な人には絶対におすすめしませんが、動物が好きなら絶対楽しいです。

動物にエサやり!2歳娘も興味津々!

市原ぞうの国、サユリワールドでは、どちらも500円で動物たちのエサを購入できます。

ぞうの国では、エサやりOKマークがついている動物ならあげてOK。サユリワールドでは基本みんなにあげてOK。2歳娘はこれがとっても面白かったようで、いろんな動物にエサやりをしながら話しかけたりしていて、ひたすら楽しそうでした。

ぞうの国では、ぞうさんが長い鼻を伸ばしてたくさん食べてくれます。

個人的には空を見つめながらエサを求めてやってくるビーバーが可愛かったです。レッサーパンダは柵越しですが、かなり至近距離まで来てくれました。

動物たちはものすごく人間に慣れていて、体を触らせてくれる子もたくさんいます。サユリワールドのカピバラは、撫でられてるとくつろいで寝てしまいました。可愛い。

キリンさんにエサやりをすると、長い舌をべろっと伸ばしてパクリ。

キリンって間近で見ると想像以上に頭が大きくて迫力ありました。

まとめ

市原ぞうの国とサユリワールドは、動物とのふれあいやエサやりが満喫できる動物園です。ぞうをメインに楽しんでもいいし、ふれあいメインでいろいろ訪れるのもおすすめでした。

穏やかな動物たちばかりなので、小さな子ども連れにもおすすめですよ。動物好きならぜひ訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です