日光のペンションユミィに子連れで宿泊!食事とキッズルームに満足

栃木県の日光へ1泊旅行。

ペンション『ユミィ』は、子連れにとって嬉しいお宿でした。お風呂は貸切できるし、子ども用の食事も用意してもらえるし、遊べるキッズルームもあります。

実際に宿泊してみたので、どんなペンションだったかご紹介します。

スポンサーリンク

ペンション『ユミィ』は子連れにおすすめ

栃木県日光市にあるペンション『ユミィ』は、見晴らしの良い高台にポツンと佇むオシャレな一軒家です。

日光東照宮からは車で約6分の位置にあるので、日光観光のアクセスも便利。

子連れに特におすすめの点は以下の4点。

  • 貸切露天風呂あり(先着順で予約制)
  • 夕食・朝食キッズメニューあり
  • レストランには子ども用椅子、食器あり
  • キッズルームで遊べる

順番にご紹介します。

ペンションユミィの露天風呂

貸切露天風呂は、岩風呂と宝石風呂(だったかな?)の2つ。

大浴場だとどうしても周りに気を遣うので、貸切風呂は子連れにとってありがたいですよね。

チェックインの際にフロントにて、入浴したい時間を伝えて予約しておきます。今回私たちは、たまたま他の宿泊客がいなかったため、自由に時間を選ぶことができましたが、混雑時は入りたい時間帯に入れない…といった不都合が生じる可能性はありそうでした。

翌朝露天風呂に入りたい場合は、200円くらい追加料金がかかります。内風呂は24時間自由に入ることができます(こちらは朝も無料です)。

露天風呂は、一旦外に出てすぐの小屋内にあるのですが、入口のドアを開けてみると、

いきなり風呂w

これまでいろんな貸切露天に入ってきましたがこのパターンは初でした。風呂の向こう側は山の景色がそのまま開放されていて、ギリギリ外からは見えないけど、もはや外にあるお風呂ってかんじです。開放感すごい。これぞ露天風呂と言われたらそうかもしれないけど。

湯船は広く、湯加減も熱すぎず、ゆっくり入ることができて気持ちよかったです。子どもも一緒にゆっくりできました。

ただ、脱衣場が露天風呂内の洗い場スペースの隅にあるので、着替えがめっちゃ寒いのが難点です。お風呂上がり、湯冷めしないように注意しましょう。また、夏はおそらく虫がかなり入ってくると思われるので、苦手な人は向かないかもしれません。

ペンションユミィの夕食・朝食

ペンションユミィの食事は、洋食のコースでした。

内容は前菜・スープ、魚料理、肉料理、デザート。プランは「ワイン・日本酒飲み放題プラン」だったり、「ステーキ食べ放題プラン」「ズワイガニ食べ放題プラン」「ケーキ食べ放題プラン」だったりと、安いのに結構お得感のあるプランが多いです。

せっかくなので、我々酒好き夫婦はワイン・日本酒飲み放題プランをチョイスしました。

料理はどれもおいしくて、メインのサーロインステーキは食べごたえありました。

コース料理の量は私はちょうどよかったのですが、旅館のごはんに比べると少ない方だと思うのでたくさん食べたい!という人は食べ放題プランもいいかもしれません。

キッズメニューがうれしい

子ども用のキッズプレートはこんなかんじ。

娘(2歳)は、ペロリと1人で食べきりました。

ハンバーグがおいしそうでした(一口欲しかったのにもらえずw)。ごはんには、アンパンマンふりかけを付けてもらえて大喜びでした。子どものデザートもあとから持ってきてもらえます。

子ども用の食器やスプーンフォーク、ちょうどよい高さの子ども椅子もあり、子連れにはすごく過ごしやすかったです。

アットホームな雰囲気でゆっくり食事できてよかったです。

キッズルームで遊べる!

夕食後は、子どもと一緒にキッズルームへ。

すべり台やおもちゃがたくさんあって、娘テンション爆上がり。この日はたくさん観光をして結構疲れていたはずなのに、思い切り遊びました。

こういうお部屋があると、小さい子ども連れには本当にありがたい。

今回私たちが予約したお部屋は、「THE寝るための空間」という和室で、テレビ以外何もない空間だったので(それが幼児にはかえって危険がなくてよいのですが)、このキッズルームのおかげで退屈せずに過ごせました。

まとめ

まさに子(特に小さい子ども)連れのための宿!と言っても過言ではないほど、ペンションユミィは子どものためのサービスがいっぱいでした。

ただ、施設自体は正直結構古く、お部屋の壁の汚れ(穴?)や重い布団が若干快適さに欠けることや、トイレや洗面所が共同なので気になる人には向かないです。かなりお安い宿なので、高級感やリゾートホテルのようなサービスを求める人にはおすすめできません。

ファミリーで素朴にゆったり過ごしたいという人には、居心地のよい空間です。

日光観光の際に、よかったら訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です