妊婦のエステ体験*インターコンチネンタルホテル「うるもスパ」

妊娠中って、背中や腰が痛くなったり、足がつりやすくなったり、いろいろとトラブルが多いですよね。

マッサージに行きたい!と思っても、マッサージ店の一般向けメニューはうつ伏せでの施術が多く、妊婦には刺激も強すぎることが多いと思います。

妊婦さんにもおすすめなのが、マタニティ向けのスパやエステ。

今回、「ANAインターコンチネンタル万座リゾート」のうるもスパを体験してきました。妊婦でも受けられる「マタニティボディトリートメント」はとっても快適でしたよ。

メニューの内容や、体験した感想をご紹介します。

スポンサーリンク

インターコンチネンタルホテルの「うるもスパ」って?

urumo-spa1

私が今回訪れたのは、沖縄県国頭郡恩納村にある「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」のホテル内にある「うるもスパ」。

「うるも」の「うる」とは珊瑚のことで、「も」とは藻のことだそうで、美ら海と珊瑚・藻(タラソセラピー)の3つの要素をふんだんに取り入れたスパを体験できます。

全てのお部屋が個室かペアルームになっている贅沢空間。

今回、私はホテルの宿泊中に利用しましたが、宿泊者以外でも利用できます。男性でもOKです。

完全予約制なので、あらかじめ予約しておきましょう。妊娠中の場合は、予約時に必ず伝えるようにしましょう。

マタニティボディトリートメントとは

urumo-spa6

私は、妊娠8か月でマタニティボディトリートメントを体験しました。

マタニティボディトリートメントとは、妊娠中に疲れが溜まりやすい腰や足を中心に、身体に負担のかからない体勢で、全身のトリートメントをしてもらえます。

一応検診時に異常がないかを確認してから、受けることをおすすめします。

時間・料金は?

60分コースが17280円、90分コースが20520円でした。

おおぅ…高い…っ!

さすがホテルのエステ…!

というかんじですが、妊娠中は下手に安いところへ行って何かトラブルがあったら大変なので、高くても安心できるところがよいと思います。

妊婦のスパ体験をレポートするよ

というわけで、私は、60分の「マタニティボディトリートメント」を体験してきました。

結論から言うと、もうほんっっと気持ちよかった!!!!

何ですかね。私、妊娠前にもマッサージにはよく行ってた方なんですが、妊娠してからは強い刺激はよくないと思い、ほとんどマッサージらしいマッサージはしてなかったんですよね。

もともとキツい肩こりと、妊娠してからの足のむくみや冷えは常に悩みの種でした。

自分でできることといえば、ストレッチと座った状態で肩を揉むことくらいだったので、この全身マッサージは最高に気持ちよかったです。

では、どんなかんじで進んでいったか、順にお話します。

①ガウンに着替える

個室に案内された後、用意されているガウンに着替えます。

フワフワもこもこの気持ちいい素材で、高級感があります。

オイルを使うので、下着も全部取って紙パンツ(エステによくあるなんだかすごく心もとないやつ…)を履きます。

②カウンセリング

まずは、簡単なアンケート用紙に記入後、セラピストのお姉さんに体の調子などを伝えます。

私は、特に肩凝りと足のむくみ・冷えが気になるということを伝えたところ、気になる部分を中心にほぐしてもらえるとのこと。

オイルの種類も選ぶことができますが、妊娠中は柑橘系がおすすめということで、それをチョイス。

触ってほしくない場所がある場合などは、この時に伝えておきましょう。

③海水と海塩のフットバス

カウンセリングが終わると、オリジナルの酵素と海洋深層水を一口飲み、深呼吸。

そのまま椅子に座った状態で、フットバス開始。

裸足になり、桶のようなところに入ったぬるま湯に両足を浸けます。

urumo-spa4

丁寧に片足ずつ揉んでもらいました。

足元には、リラックスアロマの香りと海塩がずらりと並んでます。

urumo-spa3

ふくらはぎあたりまで、塩をジャリジャリ付けるトリートメントがめっちゃ気持ちよかったです。

もはやこれだけでも満足感あります。

④全身トリートメント

続いて、ベッドでの全身トリートメントにうつります。

urumo-spa2

妊婦なので、うつ伏せにはなりません。

仰向け→横向き→反対側横向き→仰向けの順で施術していただきました。

ガウンを脱いで、掛布団になっているタオルの下に入り、ベッドに横になります。

まず、最初の仰向け状態で足・腕のマッサージ。

お腹のオイルマッサージもありました。
優しいマッサージなので全く負担はありませんでした。

胎動がすごかったので、赤ちゃんも気持ちよかったんじゃないかな~と思います。

オイルは妊娠線予防にもなるので、ありがたいですね。

施術中暖かい枕?のようなものを下腹部に置いていただき、これがまた気持ちよかったです。ほんのり体中が温まるかんじ。

続いて、横向きになって、肩や腰のオイルマッサージです。

シムズの姿勢(横向きに寝て下の足を伸ばして、上の足を曲げる姿勢)で施術してもらえたので、とっても快適でした。
妊婦には嬉しい抱き枕も置いてもらえました。姿勢が安定するので楽ちんです。

反対側の横向き姿勢でも同じように、肩や腰を中心にオイルマッサージ。

最後にもう一度仰向けになって、デコルテや顔もマッサージしてもらいました。

どれもこれも気持ちよすぎた…!!!!

アロマの香りでリラックスできて、全身がほぐれ、ポカポカになりました。

最後、オイルが気になる場合は、拭き取らせてもらえるそうですが、気にならない場合はそのままでOKとのこと。

せっかくのオイルを拭き取ったらもったいないので、そのまま着替えました。

⑤ハーブでアフタートリートメント

施術後、着替えが終わったら、入口付近にある椅子でハイビスカスティーを飲みながらリラックス。

urumo-spa5

終わったあともゆったり過ごせました。

セラピストさん曰く、肩の凝りがきついということと、全身が冷え気味なので、温めるようにするとよいとのことでした。

妊娠中のスパは極上!体験してみては?

妊娠中は、我慢しなくてはいけないことが多いもの。
たまには贅沢してみてもバチは当たらないはずです。

妊婦の妻に、夫からマタニティエステをプレゼントなんていうのも素敵ですね。

「ANAインターコンチネンタル万座リゾート」のうるもスパは、心も体もリフレッシュできる素敵な体験でした。

記念日やご褒美に、夫婦で訪れてみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です