とべ動物園でしろくまピースに再会!遊具やお弁当に便利な穴場も

愛媛に帰省した際、娘を連れてとべ動物園へ行ってきました。

自分が子どもの頃に慣れ親しんだ動物園は、変わっていないところもたくさんあって、懐かしく面白かったです。娘も大喜びで一緒に楽しみました。子連れに嬉しいポイントもたくさんあります。

昔から私が利用している穴場お弁当スポットもこっそりご紹介しますw

スポンサーリンク

愛媛県立とべ動物園

愛媛県砥部町にある『とべ動物園』は、愛媛県民なら一度は訪れたことがある…かもしれない動物園。幼稚園や小学校の遠足なんかでもおなじみの動物園です。

私はわりと全国のいろんな動物園に訪れていますが、とべ動物園は規模は中くらいでしょうか。2歳でも頑張れば歩いて一周できるか、最後には歩かなくなっちゃうか…くらいの広さです。そのわりに動物の種類は多く、ふれあいやエサやりもできて充実しています。

混雑もそれほどでもないため、親子で楽しむのにちょうどいいですよ。

アクセスは、車が一番便利ではありますが、市内からバスでも行けます。

駐車場から入口にある門までの道のりには、動物の足跡があり、これを踏みながら歩いていくのが子どもの頃のお楽しみ。

子どもの頃は何も考えずに楽しく足跡をたどって歩いていた私ですが、娘が歩くのを見ながら、こういうちょっとした工夫があるだけで子どもが歩く意欲につながるので、親としてはとてもありがたいなぁと思ったのでした(結構歩くから抱っこツライ)。

とべ動物園のおすすめポイント

たくさんの動物たちに会えるとべ動物園。個人的にお気に入りのポイントをいくつかご紹介します。

しろくまピースに会いに行こう

初の人工哺育に成功したことで有名になったしろくまピースは、とべ動物園の人気者です。

私が愛媛に住んでいた頃、夕方のニュースなんかで度々放送されていた赤ちゃんピースはそれはもうめちゃくちゃ可愛くて、今でもよく覚えています。

すっかり大きく育ったピースに会えて、ちょっと感動してしまいました。

のんびり寝てる姿や、無邪気に水遊びする姿は大人になっても可愛かったです。

ペンギンは下から!ライオンは上から見られる

私が子どもの頃にはなかった施設も増えていて、動物を観察できる様々な工夫がありました。

ペンギンのコーナーには、ペンギンが泳ぐ姿を下から見ることができるトンネルがあり、子どもたちに大人気です。中へ入ってみると、すぐ上をペンギンたちが泳ぐのが面白い。

ライオンは、奥の方にいるとなかなか見えにくいのですが、建物の中からライオンを観察できるようになっているので、上から見渡せるのも面白いです。

運よく足元に来てくれることもあるかも!?

アフリカゾウの家族にほっこり

とべ動物園には4頭のゾウがいます。

両親と2頭の子どもの家族で、繁殖が難しいと言われているアフリカゾウの家族を見られるのはとべ動物園だけなんだとか。この日は親子で並んで歩いている姿を見ることができました。

家族の様子を眺めていると、ほっこりしました。

エサやりできる動物いろいろ

地方の動物園ならではのお楽しみがエサやり!

全国のいろんな動物園に行くまで知らなかったのですが、都会に行くほどエサやりができる動物園は少ない印象です。来場者数が多いほど難しいというのは理解できるのですが、エサやり楽しいので、行ったことない人は地方の動物園にもぜひ行ってみてほしい。

とべ動物園では、アザラシ・サル・クマのエサを販売してます。昔はゾウも売ってた気がするのですが、今はないようです。

エサの自販機が設置されているので、自分で買って与えてOK(来場者が多い日は、売り切れます)。個人的にはサルのエサやりが楽しいのでおすすめです。エサを投げると、サルが檻の穴から手を出してキャッチしてくれます。

猿山のサルたちにあげてもいいです。うまくいくと嬉しくなりますw

アザラシのエサは生魚です。めっちゃ奪い合うのでちょっと怖いです。クマはあんまり食べてくれません。

珍しい鳥『ヒクイドリ』もいるよ

とべ動物園の珍しい動物といえば、個人的にNo.1はヒクイドリ。

最初見たとき、え?なにこの鳥?クジャク?と思ったのですが、クジャクよりなんというかゴツイ。足は太いし、体の作りはどちらかというとダチョウっぽいんですよね。『ヒクイドリ』という種類で、飼育している動物園は少ないようです。

色が美しくてきれいなんですが、突然「ゲェッゲェッ!!!!」と鳴いて娘がめっちゃビビりましたw飼育員さん曰く、鳴くのは珍しいことらしいです。

子どもが嬉しい遊具もあるよ

子どもは動物を見るのも好きだけれど、乗り物のコーナーへ来てしまうと、テンション爆上がり。え、もっとキリンとかカバとかサイとか見たい…と親は思っていても、トーマスに走って行ってしまいました…。

トーマスの乗り物。

他にも車だったりアンパンマンだったり、いろいろあります。

このゾウのエリア付近はレストランもすぐ側にあるし、ベンチも多いので、ここで一旦お昼休憩をする人が多いですね。

お弁当はどこで食べる?穴場もご紹介

が、私がおすすめする穴場お弁当スポットがあります。

人がほとんど来ない上に、見晴らしがよく、動物から少し離れているため臭いも気にならないため、昔からお弁当を持って行くと訪れていた場所。

それは、思い切り順路から外れた、この左上の赤丸で囲ったところにあります。

キリンの手前にある坂道をしばらく上っていくと、東門ゲートがあります。ここは無人ゲートのため、ほとんど利用されることのない謎の入口wすぐそばにベンチがいくつかあって、お弁当を食べるのに最適です。

他の場所は団体さんが多かったりするとわりとごちゃごちゃするのですが、この場所は静かにのんびり過ごせる穴場です。

ちょっとがんばって坂を上らないといけないのですが、個人的にはお気に入りのスポットです。

まとめ

20年ぶり?くらいに訪れたとべ動物園でしたが、まさか自分の娘と一緒に来る日がくるなんて、なんだか不思議な気分でした。

昔から知っている動物園ですが、あらためて大人も子どもも楽しめる素敵な動物園だと感じました。愛媛を訪れることがあれば、よかったら訪れてみてくださいねー。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です