七五三体験談!カメラマン出張撮影&アルバム自作の流れまとめ

娘の七五三は、カメラマン出張撮影を依頼し、アルバムを自分で手配して作成しました。

実際にやってみた結果、費用はかなり抑えられ、たくさんのデータを手に入れることができ、アルバムの出来栄えも大満足でした。

利用したサービスと、予約・当日の流れをまとめておきます。

スポンサーリンク

出張撮影のメリット・デメリット

出張撮影のメリットは、費用を抑えてたくさんの写真データが手に入ること、神社に参拝した思い出を自然な笑顔で残せることです。

デメリットは、その分自分でやらなくてはならないことが増えること。

衣装は自前のものが必要だし、私が撮影依頼したサービスでは、着付けのサービスもありません。写真データを入手したあとは、紙のアルバムの作成をするなら自分で別のサービスに手配する必要があるなど、なかなか忙しいです。

全てお任せパックでやってほしい…!という場合はスタジオ撮影がおすすめです。が、私個人としては、少しくらい手間がかかっても費用を抑えたいという思いと、自然な笑顔の写真データがたくさん欲しいという思いが強かったため、この方法を選びました。(着物は自前、着付けは母にお願いしました)。

出張撮影の流れ

カメラマンさんの出張撮影を依頼するにあたって、fotowa(フォトワ)というサービスを利用しました。

これは、「写真を撮って欲しい人」と、「写真撮影スキルを持っている人」の出張撮影マッチンサービスです。予約して、事前に打ち合わせしたうえで、撮影に移ります。

お金の振り込みやデータの受け渡しも全てfotowa上で行われます。初めて利用しましたが、トラブルなく全てスムーズに終えることができました。

撮影依頼&予約をしよう

撮影依頼に関しては、以前の記事でも説明しています。

fotowaで七五三の出張撮影を依頼!写真データが安いよ!
七五三の写真をどこで撮影するか、どんなプランがいいか、考えるのって大変ですよね。 スタジオ撮影だと写真数枚で結構高くつくしどうしよう…と悩んでいる人も多い...

やるべきことは、まず、撮影してもらいたい地域のカメラマンさんをfotowa(フォトワ)で検索します。依頼したい人が見つかったら、撮ってもらいたい場所(神社など)に撮影許可を取ります。撮影許可が出たら、fotowaにログインし、カメラマンさんに希望の日程で撮影が可能か質問してみましょう。レスポンスが来てから正式に依頼すると安心です。

撮影の時間帯は、普段子どもがよく活動している時間に合わせるのがおすすめ。午後にお昼寝をしている子の場合は、お昼寝の時間帯はなるべく避けましょう。

依頼が完了すれば、お金を振り込みます。fotowaの料金は一律で平日なら19800円、土日祝日は23800円です。振り込みが完了したら、あとは当日を待ちます。

カメラマンさんとはfotowa上でいつでもやりとりできます。当日の待ち合わせ場所は必ず確認しておきます。私が依頼したカメラマンさんからは、撮りたいアングルや、娘の好きなキャラクターや歌などもあらかじめ聞いてもらえたので、当日がスムーズでした。

当日の流れ 気を付けたいことや準備するものは?

予定の時間に待ち合わせ場所へ行き、カメラマンさんと対面します(このときには、着付け・髪型などは全て完了している状態です)。カメラマンさんとは当日が初対面なので、声をかけるのは緊張したのですが、名前を確認し、挨拶した後、すぐに撮影にうつりました。

撮影の時間は1時間。いろんなパターンの写真を撮ってもらうことができました。

撮る場所やアングルなどは、素人だとあまり思いつかないので、カメラマンさんにほぼ提案してもらいました。最初は緊張気味だった娘も、神社のどんぐりを拾って遊んだりしながら撮影しているうちに、緊張が解け、普段の笑顔で撮影することができました。

ちなみに、娘は無事に1時間機嫌よく過ごすことができましたが、途中で機嫌を損ねてしまった場合に備えて、好きなおもちゃやおやつなどを準備しておくと安心です。水分補給も忘れずに。限られた撮影時間の中で、ほとんど泣いてしまっていた…なんてことになると辛いので、この日は全力で機嫌をとりましょうw

また、着物や草履を嫌がる子どももいるはずなので、嫌がりそうなことが予想される場合には、本番前に一度着る練習をしておくといいかも。草履は時間が経てば経つほど足が痛くなるので、運動靴持参は必須です。全身の写真を先に撮ってもらっておいて、ぐずってしまったら思い切って運動靴に履き替えさせた方が無難です。

後日データを受け取ろう

撮影後、1週間程度で撮影データを受け取ることができます。

データの受け渡しも、fotowa上でやりとりできます。fotowaの撮影プランでは、75枚以上の写真データを受け取れることになっています。私の場合は100枚以上のデータを受け取ることができました。

受け取ったデータの一部がこちら。

当日撮影したほとんどの写真を受け取ることができて大満足。かかった料金は撮影料と写真データ込みで 円。スタジオ撮影に比べると、ずいぶん安くつきました。カメラマンさんの評価やコメントをして、fotowaでのやりとりは終了です。

写真データを使って自分でアルバム編

写真のデータを受け取ったら、紙のアルバムを作成するために、しまうまプリントを利用しました。

しまうまプリントでは、普段からよく旅行の写真でフォトブックを作成しているのですが、記念日ということでハードカバーのアルバムを作成しました。もちろん、ソフトカバーに比べるとお金はかかるのですが、長年にわたって保管できるものにしたいなら、ハードカバーを選びましょう。

しまうまプリントのサイト上に、使いたいデータをアップロードし、自分でレイアウトを考えてアルバムを制作。完成したら発注します。

完成したアルバムがこちら。

ページ数によって値段は変わりますが、気に入った写真をたくさん配置できます(一番少ないページ数でも24ページあります)。

自宅保管用はA5サイズ、祖父母のおうちにはA4サイズでプリントして、送ってあげました。

プロに撮ってもらった写真でアルバムを作ると、自分で撮った写真と比べて出来栄えが全然違います。素敵な記念になりました。

まとめ

今回、かかった費用を合計すると、

利用したサービス 内訳 料金
fotowa 撮影費
写真データ
23800円
しまうまプリント A5サイズ2冊 3796円
A4サイズ1冊 2398円
合計 29994円

合計して3万円以下に抑えることができました。費用を抑えてよい仕上がりとなり、とても満足でした。

今回、我が家の場合は、私が昔着ていた着物が残っていたため、母親に着付けをお願いしました。また、髪は私が結って節約(ウイッグをつけたらいいかんじに仕上がりました)。これらが自分で対応できない場合は、着付け代や衣装レンタルも費用に含まれることになります。

それを含めて考えても、75枚以上のデータが手に入る上にロケ撮影をしてこのお値段はかなりお得です。これから七五三を考えている人は、スタジオ撮影以外の選択肢もよかったらぜひ考えてみてくださいねー。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です