石垣島の海へ!子連れにおすすめの米原ビーチ・サンセットビーチ

石垣島には、ビーチがたくさんあります。

どこへ行っても海はキレイで素晴らしいのですが、設備が整っているビーチを探すとなるとある程度、選択肢は限られてきます。

子連れで訪れるなら、トイレ・シャワーの有無や遊具の貸出、安全性、監視員がいるかどうかなど、設備が整っているかが気になるところ。いくつかのおすすめビーチの中から、今回訪れた米原ビーチとサンセットビーチについてご紹介します。

スポンサーリンク

石垣島 子連れにおすすめのビーチ

子どもと一緒にビーチを訪れるとき、事前に調べておきたいことって意外と多いですよね。大人だけならそれほど気にならないことでも、子どもがいるかどうかでかなり変わってきます。特に、設備面と安全面については、情報が多いほど助かります。

【設備】

  • トイレ・シャワーがあるか
  • ライフジャケット、浮き輪などの貸出はできるか
  • 日よけはあるか
  • 売店はあるか

【安全性】

  • 遠浅か深いところが多いか
  • 波の強さや潮の流れ
  • クラゲネットがあるか
  • 監視員がいるかどうか

【その他】

  • シュノーケリングで魚が見えるか(←個人的には結構重要)

個人的に気になることはこのくらいですが、子どもと一緒に海に入るなら、安全面には十分すぎるくらい気を付けたいところ。我が家は、万が一貸出がなかった場合を考えて、幼児用のライフジャケットと浮き輪を購入して持って行きました。

石垣島でこれらの設備が整ったビーチはというと、

  • マエサトビーチ(ANAインターコンチネンタルホテルのビーチ)
  • 底地(すくじ)ビーチ
  • 米原(よねはら)ビーチ
  • 石垣島サンセットビーチ
  • フサキビーチ

あたりが人気です。私たちが訪れたビーチは、米原ビーチとサンセットビーチ。どちらのビーチも、子連れにおすすめですが、特徴はそれぞれ違うということが分かったので、ご紹介します。

米原ビーチ!魚がたくさん見られる海が魅力

お魚を見たい!子どもと一緒にシュノーケリングを楽しみたいという人には、米原ビーチがおすすめです。米原ビーチの入口は2つあるのですが、キャンプ場側からの入口を使うと駐車料金がかかりません。

砂浜はと言うと、真っ白というよりは薄い茶色というかんじ。ちょっとジャリジャリ感もあるので、ビーチでのんびり派よりは海で遊びたい派におすすめのビーチでした。

米原ビーチの設備

シュノーケリング中は、ライフジャケットがあると安心です。

ビーチのすぐ側にあるキャンプ場の売店へ行くと、有料で大人用ライフジャケットも貸してもらえます。子ども用はサイズの問題があるので、持参すると安心です。ここでは箱メガネの貸出もあったので、借りることに。まだ泳げない子どもでも、浮き輪に乗ったまま、箱ごしに水の中を覗くと、お魚を見ることができます。

2歳の娘も、水の中の魚を見ることができて喜んでました。ちなみに、浜辺にはヤドカリがいっぱいいます。

米原ビーチは、基本的には日陰がありません。砂浜でのんびりするなら、ポップアップテントを持参するなど、工夫が必要です。

売店では軽食も販売していて、近くに温水の有料シャワー(大人1人500円)もあります。係の人にお金を払ったら使用できます。トイレは駐車場の近くにあって、誰でも使えます。ただ、あまりキレイとは言えないかんじでした。

米原ビーチ安全面

基本的には遠浅で、陸からかなり離れても大人の足は着くため、子連れでも安心できました。

が、潮の流れは結構激しいので、泳いでいるつもりが流されている…という状態になります。海で遊んでいるうちに拠点の近くに戻ってくるように、流れに逆らってしばらく砂浜を歩いてから入水すると安心です。

クラゲネットはないので、自分で気を付ける必要あり。水着の上からラッシュガードを着て、レギンスを履くと安心です。

熱帯魚は見られる?

大人の膝くらいまで浸かって海の中を覗くと、もうそこにはたくさんの魚たちがいます。子どもにはライフジャケットを着せて、浮き輪に乗せれば、一緒にシュノーケリングを楽しめます。

色とりどりの熱帯魚をこんな浅瀬で見られるなんて、さすが石垣島。カクレクマノミも見つけることができたし、結構大きめの魚たちも泳いできてテンション上がりました。個人的には、沖縄の海に行くからには海で熱帯魚たちを見たい!という思いがあるので、満足できました。

石垣島サンセットビーチ!設備が良くて便利

島北部にある石垣島サンセットビーチは、その名の通り、夕陽を眺めるのにも人気のビーチです。今回私たちは夕陽は見ていないのですが、海で子どもと泳いだり、のんびりビーチで過ごすにもおすすめの場所でした。

米原ビーチのようにたくさんの熱帯魚を見ることはできませんが、砂浜は米原に比べてサラサラしています。

サンセットビーチの設備

ビーチに下りると、数本パラソルが立っていて有料で使用できます。

他に日陰はないため、ビーチでのんびり過ごしたいのであれば借りるとよいかも。ただし2000円と結構高いです。

ここはシャワー(脱衣場もあり)やトイレの設備もしっかりしているし、売店もあって便利なのですが、そのぶん結構お金はかかってしまう印象。石垣島では珍しく駐車料金もかかります。設備を利用する場合は、最初に1人500円を支払って腕に輪っかの印を付けてもらえば、自由に使えます。

その他にも、ビーチチェア500円、シュノーケルセット1500円~2000円、ウェットスーツ1500円、ライフジャケット500円も貸出OK。ウェイクボード、パドルボートなどのマリンスポーツもできます。

サンセットビーチ安全面

サンセットビーチには、クラゲネットが張ってあり、その区画内のみで遊泳できます。常駐の監視員もいるので安全性は高いです。

遠浅で大人の足は届くところがほとんどだし、潮の流れも、米原ビーチに比べて気になりませんでした。子どもと一緒に海で遊ぶにはちょうどよいです。

熱帯魚は見られる?

残念ながら、ここではほとんど熱帯魚は見られませんでした。

なぜか一か所だけお魚たちが集まっているところがあって、運よくクマノミもいたのですが、その場所以外は全くいませんでした。もちろん、海はキレイなのですが、石垣島の海にしては透明度もちょっと低い気がします。

サンセットビーチでは、シュノーケリングよりも海水浴や砂遊び、浜辺でのんびりする方がベターでした。

砂に埋まる娘。嬉しそうです。

まとめ

今回2つのビーチに行ってみましたが、それぞれ特徴をまとめるとこんなかんじ。

米原ビーチ 石垣島サンセットビーチ
設備 トイレ・温水シャワーあり
貸出あり
売店あり
日よけなし
駐車場無料
トイレ・温水シャワーあり
貸出あり
売店あり
日よけあり
駐車場有料
安全面 遠浅
潮の流れが速い
クラゲネットなし
遠浅
クラゲネットあり
常駐監視員あり
その他 熱帯魚がたくさん見られる
砂浜は薄茶色ジャリジャリ
熱帯魚はほとんどいない
砂浜は薄茶色サラサラ

米原ビーチはシュノーケリングを中心に楽しみたい人向け、サンセットビーチは海水浴・ビーチでのんびりしたい人向けでした。

安全性がより高いのはサンセットビーチでしたが、個人的には、お魚が見られる米原ビーチの方が面白かったです。どちらにもそれぞれの良さがあるので、何を重視するかによって決めるとよいと思います。

どちらのビーチも、2歳児と一緒に思い切り楽しむことができました。子連れで石垣島のビーチを訪れる際には、よかったら参考にしてみてくださいねー。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です