ライオンが自由すぎる!「富士サファリパーク」を車で探検しよう

日本には、たくさんの動物園があります。動物好きにとっては、大人でも楽しい動物園。けれども、動物園の中には、動物が狭い檻に閉じ込められて、大勢の人間が取り囲んでいるような場所もありますよね。そんな動物園は、見ていてどこか可哀想だと感じる人も少なくないのではないでしょうか。

我が家は動物が大好き。夫婦2人でよく動物園や水族館に行きます。

自由にのびのびと暮らす動物を間近で見たいなら、動物園よりもサファリパークがおすすめです。富士サファリパークでは、ライオンやクマなどの猛獣たちを、車の中からじっくりと見ることができますよ。

スポンサーリンク

富士サファリパーク

fuji-safari3

基本情報

■所在地
静岡県裾野市須山2255-27

■TEL
055-998-1315

■入園受付時間
・3/16~9/30 9:00~17:00
・10/1~10/31 9:00~16:30
・11/1~3/15 10:00~15:30
※時間内に入園すれば、閉園までいられます。

■入園料
大人(高校生以上) 2700円
子ども(4歳~中学生) 1500円
シニア(65歳以上) 2,000円
3歳以下 無料

■アクセス
(東名高速)
御殿場インターから約18km(25分)
裾野インターから約10Km(15分)
富士インターから約22km(35分)

(新東名高速)
新富士インターから約18km(30分)

(中央自動車道)
河口湖インター→東富士五湖道路→須走インターから約25Km(35分)

公式HP

富士サファリパークってどんなところ?

富士サファリパークは、「サファリゾーン」と「ふれあいゾーン」の二つに分かれている大きな動物園です。

サファリゾーンには、ライオン、クマ、トラ、大型の草食動物などの迫力ある動物たちがたくさん暮らしています。ふれあいゾーンには、私たちにとって身近な動物たちや、実際にふれあえる小動物たちがたくさんいて、それぞれたっぷり楽しめます。

今回は、「サファリゾーン」について詳しくご紹介していきます☆

サファリゾーンに入るには

サファリゾーン入るには、3つの方法があります。

1.ジャングルバスに乗る

fuji-safari10

ジャングルバスとは、窓ガラスのない金網が張られたバスです。人間が檻に入って、サファリゾーン内をぐるりと見て回ることができます。

サファリゾーンの途中では、クマ・ライオン・草食動物へエサやりの体験もできますよ。至近距離で動物の迫力に触れたい人におすすめです。

写真はラクダが群がっている様子。傍から見ると、襲われてるみたいw

【ジャングルバス】
料金:1300円
開催日時:平日は30分間隔、土日祝は10分間隔で毎日運行

2.ナビゲーションカーに乗る

ゼブラ模様の4WDで、サファリゾーンをめぐります。

タブレット端末を使って、動物たちの説明を詳しく聞くことができますよ。普通なら入れないオフロードを走行したり、エサやりを体験したりできるスペシャルメニューです。

【ナビゲーションカー】
料金:5000円
開催日時:平日は30分間隔、土日祝は10~15分間隔で毎日運行

3.自家用車で中へ入る

自分の車で中に入ることもできます。ゆっくり徐行運転で50分程度のドライブコースです。

窓を開けるのは禁止。ガラス越しとはいえ、動物との距離はかなりの近さです。自分たちだけでまわるので、スリル満点です。自分たちのペースで回ることができるのも魅力ですよ。

我が家は、特別料金をケチって自家用車でまわりましたw

サファリゾーンの動物たち

自由奔放なクマゾーン

fuji-safari2

サファリゾーンに入ると、最初にクマがお出迎え。

想像以上にでかい。至近距離で迫力満点です。どっしり構えてこちらを眺める様子は、やたら落ち着いてて貫禄があります。

車が近づいて行っても、へっちゃらなクマたち。こっちがビビってしまいましたww

くつろぎモードのライオンゾーン

fuji-safari4

ライオンも余裕で道の真ん中まで出てきて、車を通せんぼ。あっちこっちでくつろいでいます。

とにかくライオンは、こんなにいていいのかと思うほどの数が暮らしていました。

完全にだらけきってるこんな子も。

fuji-safari5

もはや、全く威厳が感じられなくて爆笑しました。可愛い。

カッコいいトラとチーター

fuji-safari6

トラとチーターはライオンに比べると少なく、2頭か3頭くらいが出てきました。

じっとこっちを見る姿は、強そうでカッコいい。

動物園だと檻が邪魔でなかなかよい角度の写真が撮れませんが、ここは撮り放題。絵になります。

fuji-safari7

チーターはなぜか「おすわり」をしてじっとこっちを見てました。可愛い。

種類がいっぱい!草食動物ゾーン

fuji-safari8

ゾウの親子ものんびりと暮らしています。以前は、ゾウがプールで泳いでいるところを見られたみたいですが、2015年に訪れた際は、使われてないようでした。

fuji-safari11

サイがケンカしてました。角を合わせてぶつかり合う様子は、ちょっと怖かったですが、見ごたえありです。普通の動物園では、なかなか本気で動いているサイは見れないですよね。

fuji-safari9

キリンも車のそばまで寄ってきました。背が高すぎて踏まれそうです。

fuji-safari12

シマウマも普通に横切ります。

山岳草食動物ゾーン

最後は山岳草食動物ゾーン。

fuji-safari14

角が立派なムフロン。ちょっと睨まれてます。

fuji-safari13

白鹿。私たちの車と一緒にしばらくついてきました。会えたらちょっとよいことが起こりそうな、綺麗な鹿です。

まとめ☆

fuji-safari15

いかがでしたか?

サファリパークで暮らす動物たちは、とっても幸せそう。毛ヅヤもよく、自由にのびのびと暮らしているんだなあと感じました。

動物好きなら、何度行っても楽しめること間違いなし!

静岡県に訪れた際には、ぜひ行ってみてくださいね☆

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です