うさぎのケージ掃除をできるだけ楽にしたい!頻度と方法をご紹介

うさぎを飼っていると、ケージが想像以上に汚れることに驚きます。

ケージの掃除は、日々のお世話の中でもつい後回しにしてしまいがち。ですが、うさぎの健康にも関わることなので、きちんとやることが大切です。

ケージを掃除する頻度や、できるだけ楽に掃除する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

うさぎのケージを掃除する頻度

頻繁にできるなら、小まめにきれいにするに越したことはありませんが、目安としては、少なくとも1ヶ月に1度は、ケージを分解して徹底的に掃除するようにしましょう。

1ヶ月掃除していないと、糞や抜け毛で、想像以上にケージは汚れています。

特に、換毛期は、ケージの隅に抜け毛がごっそり溜まっていることもあるので、汚れが気になる時期は、その都度清潔にしておくのが理想的。

うちも普段は1ヶ月に1度くらい、換毛期は、2週間に1度くらいのペースでケージを掃除しています。

洗いやすいケージを購入しよう

たびたび掃除するとなると、ケージは意外と頻繁に分解しなければなりません。

ケージを購入する際には、分解しやすいものを選ぶことをおすすめします。

我が家で使っているのは、マルカン「カンタンおそうじケージ」。

これは、ケージの留め具やすのこがプラスチックで出来ていて、簡単にパチッとくっつけたり分解したりしやすいので、ケージを掃除しやすいのが特徴です。

すのこもプラスチックなので、洗いやすいです。

ケージを使ってみた詳しいレビューはこちらの記事もどうぞ。

うさぎのケージを選ぶ際のポイント&「マルカンケージ」レビュー
うさぎを飼う際に、必要なケージ。各メーカーからいろいろなタイプのものが販売されています。初めてうさぎを飼うときには、どんなケージを選べばよいか迷いますよね。 ...

ケージ掃除のやり方

それでは、我が家のケージ掃除の方法をご紹介します。

掃除に使っている道具

  • ハンディ掃除機
  • 霧吹き(水)
  • トイレットペーパー
  • ミニホウキ・ちりとり
  • ごみ袋
  • 雑巾
  • 歯ブラシ(掃除用)

洗剤は使いません。

除菌をしたい場合は、すのこなどを天日干しにするか、除菌スプレーがおすすめです。

1.うさぎをキャリーへ移動

rabbit-cage-clean5

やーん…。

ケージを掃除する間、ユキさんにはキャリーに入っていてもらいます。

嫌がりますが、キャリーに入る練習にもなるのでたまには入れておくとよいかも。

2.ケージを分解する前に霧吹き!

まずは、ケージの上部分を取ります。

rabbit-cage-clean4

簡単にかぽっと取れます。

ここまではいいのですが、これ以上分解する前に、やっておくと楽なポイント。

ケージは、分解しようと外せば外すほど、溜まっている毛がファサーッと宙を舞います。特にアレルギーなどはなくても、あの大量の毛を吸ってしまうのはちょっと怖い。

そこで、即座に使いたいのがこちら。

pachira4

水の霧吹き。

これとっても便利なんですよ。

抜け毛に向けて、シュッシュッっと霧吹きをかけます。

rabbit-cage-clean13

たったこれだけで、毛があまり舞わなくなり、掃除しやすいんです。

毛が舞わなくなったら、すのこの上の毛をトイレットペーパーで軽く拭きとります。

3.すのこはお風呂場で洗う!

毛を軽く拭きとったら、すのことその周りのカバーをお風呂場へ持って行って洗います。

軽くシャワーで流すだけで、ある程度汚れは取れるのですが、うんちやおしっこがこびりついて汚い場合は、使用済み歯ブラシなどを使ってこすればOK。

rabbit-cage-clean10

すのこは、うさぎが直接触れる部分なので、水を切って、雑巾で拭いた後、除菌スプレーをかけるか、ベランダで天日干しにしましょう。

4.すのこの下を掃除

すのこの下は、牧草やら糞やら抜け毛やらが積もりまくった無法地帯。

rabbit-cage-clean15

ここも、動かす前にまず霧吹き。

抜け毛が濡れて落ち着いたら、ペットシーツごとごそっと丸めてゴミ袋へ。

rabbit-cage-clean11

牧草がもったいないような気もしますが、ここに落ちている牧草は、たいてい抜け毛がびっしり付いているので、うちは、これをもう一度食べさせることはしません。

(うさぎは抜け毛をたくさん食べてしまうと、毛球症という病気になってしまうことがあるので、注意が必要です)

【参考】

うっかりが命取り!失敗から学んだうさぎを飼う4つの注意点
うちにはペットうさぎのユキがいます。うさぎは可愛いくて、気分をほっこりさせてくれる、温かい存在です。 うさぎを飼いはじめたのは約1年半前。子どもの頃は犬や...

ペットシーツごと処分したら、落ちている牧草は、ミニホウキとちりとりで軽く掃除。

rabbit-cage-clean3

なぜか引き出しの下にも溜まっているので、ここも忘れず掃除します。

rabbit-cage-clean14

次に、ハンディ掃除機を使って、周りにしつこく付いている抜け毛を吸います。意外とケージの外側や裏側にも毛がたくさん付いているので、細かいところまで吸える掃除機が便利。

rabbit-cage-clean12

ちなみに、うちのはコレです。

もちろん、丸洗いでもOKですが、全部洗うのは大変なので、我が家では余程汚れていなければ、すのこ以外はこうして掃除機で吸います。

ついでに、ケージ付近や下の床の毛も吸いましょう。

rabbit-cage-clean6

これで、それぞれのパーツの掃除が完了しました。

5.トイレやエサ箱の掃除

トイレやエサ箱は、日々の掃除でやっていると思うので、普段通りにすればOKです。

ペレットの入れ物に毛が溜まっている場合は、いったん全部捨てて、中をきれいにしてから、新しいペレットを入れるようにしましょう(これは普段から気を付けた方がよい)。

rabbit-cage-clean9

今回は、あまり毛は入ってませんでしたが、木くずがいっぱい入ってたので、取り換えました。

6.ケージを組み立てたら終了!

それぞれのパーツが綺麗になったら、ケージを組み立ててお掃除完了です。

rabbit-cage-clean7

引き出しの上に綺麗なペットシーツを敷いて、すのこを置いて、上部分をかぶせるだけ!

rabbit-cage-clean2

やっぱり組み立て・分解が楽なケージを使うと早いです。

まとめ

ケージの掃除は、正直言って、うさぎのお世話の中でも一番面倒で大変な作業です。

ですが、飼い主が掃除せず、不衛生なまま飼育していると、うさぎさんは病気になってしまいます。放置しているとトイレなどの臭いも気になります。

おうちで飼う以上、定期的にケージを掃除して、清潔な環境を保ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です