八重紅枝垂桜が美しい!2016年京都二条城の夜桜ライトアップ

京都には、たくさんの桜の名所があります。シーズン中は、夜桜が楽しめるライトアップのイベントも多く開催されています。

枝垂桜のライトアップを楽しみたいなら、元離宮二条城の庭園にある八重紅枝垂桜がおすすめです。お城の庭園の中をゆっくりと散歩できる夜桜拝観は、夫婦で静かに楽しむには、ぴったりの場所。2016年のライトアップの情報と合わせて、どんな場所か詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

元離宮二条城

nijojo-lightup8

基本情報

■所在地
京都府京都市中京区二条通堀川西入ル二条城町541

■TEL
075-841-0096

■開城時間(城内)
8:45~16:00(閉城17:00)
※二の丸御殿観覧時間 9:00~16:00

■入城料金
大人 600円
中学生・高校生 350円
小学生 200円

■アクセス
(電車の場合)
京都市地下鉄東西線「二条城前」駅より徒歩5分

(バスの場合)
京都市バス9・12・50・101系統「二条城前」すぐ

(車の場合)
駐車場有り(216台まで)

二条城HP

元離宮二条城とは

二条城とは、徳川幕府の京都における拠点であり、幕末に15代将軍、徳川慶喜が大政奉還を行ったことでも有名なお城です。

本丸御殿と二の丸御殿に分かれており、特に二の丸御殿の建築や障壁画は豪華な桃山文化が感じられ、見ごたえがあります。二の丸御殿の6棟が国宝に指定されており、重要文化財も多数あります。開城時間内に訪れれば、城内の見学をすることもできます。

二条城の夜桜ライトアップ

nijojo-lightup2

2016年 ライトアップ情報

桜の季節には、毎年庭園のライトアップイベントが開催されます。

■日時
2016年3月25日(金曜日)~4月17日(日曜日)
18:00~21:30
※入城受付は21:00まで
ライトアップは通常の城内見学者との入れ替え制です。

■入場料金
大人 400円
子ども 200円
※和装の場合無料になります!

清流園の枝垂桜は必見!

二条城には、約400本、50品種の桜が植えてあります。庭園を散歩しながら、ソメイヨシノだけでなく、様々な種類の桜を楽しむことができるのが、二条城の特徴。普賢桜や福禄寿・手弱女などの珍しい桜を見ることもできますよ。ヤマザクラ・ソメイヨシノから開花が始まり、シダレザクラ、サトザクラへと4月下旬まで約1ヶ月に渡り、咲き誇る桜が見られます。

特に印象に残るのは、清流園の八重紅枝垂桜。ソメイヨシノに比べて、濃いピンク色がライトアップによく映え、美しいです。

二条城清流園へ行ってきました

2015年 ライトアップの様子

2015年3月末、二条城ライトアップを見に行ってきました。混雑の具合も大したことはなく、ゆっくり観覧できました。夜ごはんを食べた後、ふらりと散歩ついでに立ち寄ったのですが、1時間もあればゆっくり見てまわれるので、夜のお出かけにはちょうどいいかんじです。

城内の建物には入れないので、建物の外側からまわりこんで、庭園へ。

彫刻が豪華な唐門は、夜でも存在感があります。

nijojo-lightup7

庭園内は、道なりに足元を照らす明かりが灯され、派手すぎないしっとりとした幽玄の美を演出しています。

nijojo-lightup1

ヤマザクラ・ソメイヨシノのトンネル。

nijojo-lightup3

清流園の中の洋風庭園。八重紅枝垂桜。ライトに映し出されて、幻想的な雰囲気に包まれます。

nijojo-lightup4

和風庭園とサトザクラ。庭園に咲く一本の桜が、絵になります。

イベント中にできること

ライトアップイベント中は、二の丸御殿台所(重要文化財)の公開と、京の名産品展の開催も行われます。ゆっくりと桜を楽しんだ後は、名産品展でお土産を買ったり、軽食を楽しむこともできますね。

また、和装で訪れるとなんと無料で入ることができるんです。京都に訪れたなら、着物姿で夜桜見物もおすすめです。

まとめ☆

nijojo-lightup5

いかがでしたか?

京都にはたくさんの桜の名所がありますが、枝垂桜のライトアップを楽しみたいなら、二条城がおすすめです。幻想的な雰囲気の中で、夜桜を楽しむことができますよ。

ぜひ一度、立ち寄ってみてくださいね☆

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です