夫も知ってほしい妊婦の体の変化*私が体験した5つの悲しい現実

妊娠中、妊婦の体は劇的に変化していきます。

初期・中期・後期の間に、私の体にも様々な変化が起こりました。だいたい予想できていたことから、衝撃的だったことまでいろいろあります。

その中でも私が特にショックだった、これまでに起こった自分自身の体の変化をご紹介。

妊娠すると自然に起こることばかりなのですが、妊婦自身はもちろん、夫もあらかじめ知っておくとよい気がします。

スポンサーリンク

ショックを受けた体の変化

妊娠中、私の体にもいろんな変化が起こりました。

中でも、特に私がショックを受けた変化は、主に5つ。

  • 色素沈着(乳首が真っ黒!顔のシミも増えた!)
  • 体重増加・体型の変化(お尻だんだん下がってくるよ…!)
  • 正中線(お腹の真ん中に謎の線が!)
  • 毛が濃くなる(お腹に毛が生える!)
  • 睡眠障害(眠い!けど夜は寝れん!)

何も分からない、初めての妊娠。

いちいち「ギャー!」ってなることが多かったなぁ…と思います。

①衝撃!色素沈着で起こった変化

biyou_shimi

私が最も恐ろしかったのが、この色素沈着。

原因はこのホルモンの変化なのだそう…(難しいことは分からんけど)。

妊娠20週くらいからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加していきます。そして、これらのホルモンはメラニン色素の色素細胞(メラノサイト)を刺激し、肌内部のメラニン色素が増えます。

引用:『ヘルスケア大学』

要するに、おっぱいやら脇の下やらがこのホルモンの変化によって、黒ずんでくるんですよ。

私の場合、乳首と乳輪の色は劇的に変わりました(ガーン)。

赤ちゃんがおっぱいを飲みやすくなる(見つけやすくする)ためとも言われてるそうで、仕方がない(というかそうあるべき変化なのですが)、ピンク色のおっぱいにはもう戻れないのかと思うととても切ない気もちになりましたw

それと、これはあまり言われてないので私は知らなかったのですが、乳輪のサイズも確実にデカくなります。怖い。

これもある日、ふと気が付いて「ギャー!」ってなりましたwそういえば、子どもの頃に見た母親の乳輪とか乳首って大きかったなぁと。

また、色素沈着の1つなのか、私がケアを怠ったせいなのかははっきりしないのですが、顔にもシミができました(ガーン←2回目)。

やや大きめのシミがほっぺに3つ。

出産後消えてくれることを祈っているところです。

友人と話していると、人によって程度は様々みたいですが、脇の下やおへその周りも真っ黒になる人はなるみたい。

色素沈着…怖いですが、ケアをするにはビタミンCなどの美白成分を配合したクリームなどが効くようです。私も顔のシミにはクリームを塗っていますが、今のところ変化はありません…。でもしないよりはマシかなぁ…。



②体重増加による体型の変化

mukumi

2つ目に気になったのは、どうしたって起こる体重・体型の変化。

ですがここで忘れてはならないのは、妊娠中、体重が増えるのは当たり前ということ。太りすぎはNGですが、最近は体重増加を気にし過ぎて痩せすぎの妊婦さんも多いそうなので、注意が必要です。

私の場合は、もともと激やせ型のため、妊娠期間で9~12キロの増加が望ましいと言われました。

というわけで、食欲のままに食べていたら、10ヶ月できっちり10キロ増加しました。

体重の増加量としては、いいかんじです。

体重自体は問題は何もないのですが、10キロ太るとやっぱり体型の変化は気になります。お尻がずしっと下がってきて、足もむくんでる。

見た目はやっぱり以前に比べて、体に締まりがなくなったかんじなんですよね…。

これ元に戻るんかな…というのがとにかく心配。

これは産後に骨盤矯正をすることで元に戻るそうなので、産後に頑張るしかないみたい。

というわけで先日、産後サポーターを購入しました。

産後1ヶ月はおとなしくしておいて、2ヶ月目くらいから半年間が勝負です。サポーターで骨盤矯正をしつつ、運動をして体型を戻したいと思ってます。

③お腹の真ん中に線が…!正中線

正中線(せいちゅうせん)ってご存知ですか?

お腹の真ん中に縦にできる茶色っぽい一本の線。

これも、わりと初期の段階で出ました。

最初見たときは「なんじゃこりゃー!!!!ま…まさかこれが妊娠線!?」と思ったのですが、違いました。

妊娠線は、お腹が大きくなることによって皮膚が割れてしまうことで出来る線ですが、この正中線は、受精して細胞分裂をしているときの名残で、実はみんなにあるものだそう。

ホルモンバランスの影響で、妊娠中は濃くなる人が多いようです。

産後は消えていくみたいなので、とりあえずは安心。

ninshinsen
これは妊娠線

一方、妊娠線は一度できてしまうとなかなか消えなくて大変みたいなので、やっぱりケアは大切です(私は妊娠中期くらいから本格的にクリームを塗って対策したところ、妊娠線は出ませんでした)。

妊娠線予防!AFCストレッチマーククリームの口コミを信じ試してみた
妊娠してお腹が大きくなるにつれて心配なのが、妊娠線。 妊娠線予防は、できるだけ早い段階からしていきたいですよね。でも、ネットで検索すると、いろんなクリーム...

④お腹の毛がボーボーに!!

地味に嫌だったのが、これ。

私、元々毛深いのが悩みなのですが、妊娠中はお腹にやたら毛が生えました。

赤ちゃんを守るための本能らしいのですが…、正直「野生動物かよ…」と自分の腹を見ながら思いました。おへその周りあたりをだんだん渦巻くように毛が濃くなっていきます。

ですが、これもよくあることみたい。

検診の際、恥ずかしいなぁ…と思って最初は処理していたのですが、妊娠中は肌が敏感なので、やらない方がいいと知り、やめました。

(炎症を起こしたりすると跡が残ることもあるらしいです…それも嫌だ…!!!!)

お医者さんは見慣れてるし、そんなことは気にしてないはずなので、割り切りましょう。

これも産後はなくなるそうなので、放置でOKみたいです。

⑤睡眠障害・頻尿

woman-1118212_640

妊娠中は、ひたすら眠い時期もあったのですが、妊娠後期~臨月に入ってからは、なかなか夜ちゃんと眠れないことが多くなりました。

同じ体勢でずっと寝ていると、お腹がだんだん張ってきて痛くなったり、苦しくなったりしては目が覚める。子宮が大きくなって膀胱を圧迫しているため、数時間おきにトイレに行きたくなって目が覚める。

一度目が覚めた後は、今度は目がさえて眠れない。お腹の中で子どもがギュンギュン動く……眠いけど…寝れない…!!!!

みたいな繰り返し。

そして昼間猛烈に眠くなってボーっとしたり、昼寝をしてしまい、悪循環。

これまで寝つきのよさと、眠りの質には自信のあった私が、ここまで睡眠で苦しんだのは人生初かもしれません。

子どもが生まれたら、今度は授乳でなかなか眠れなくなることが予想されるので、数時間おきの仮眠に慣れておくのもいいのかもしれませんが…。

夫は心無い一言に気を付けるべし!

妊婦の体には、なかなか人には言いにくい劇的な変化が起こっています。

初めての出産のときには、妻の体の変化に夫もビビると思うのですが、「太った」とか「黒くなった」とか「妊娠前はこうだったのに」とか、デリカシーのない一言を口走らないように注意してくださいね。

うちの場合は、基本お互いがネタにして笑い飛ばしてますが、度が過ぎるとキレると思う…w

妊娠中や産後は、タイミングによっては普段は気にならないちょっとした一言でも、やたら引っかかって傷ついたりするので、気を付けましょう。

妊娠すると、女ばっかりこんな体に変化があってなんだかズルい…!と思うのですが、妻がどんな姿になっても、妊娠中はそういうものだということをちゃんと知って、受け入れてほしいなーと思います。

まとめ

妊娠中は、自分の体に今までになかった変化が訪れ、悲しい思いをすることもありました。

が、なんだかんだ言っても、赤ちゃんのためならこれくらい何てことない!と思って乗り切りました。

きっと世の中のママたちは、みんな個人差はあれ、妊娠中いろんな体の変化を経験していると思います。

気になることはいろいろありますが、まずは、元気な赤ちゃんを産むことを第一に考えて、出産を乗り越えたいですね!

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です