いよいよ出産へ!入院前に最低限準備しておきたいママグッズ

妊娠37週を過ぎると、赤ちゃんはいつ産まれてもおかしくない時期に入ります。私もついに臨月を迎え、ドキドキする毎日。

いざ陣痛が来て、すぐに入院!となっても大丈夫なように、入院準備を万全に整えて、覚悟を決めておきましょう!

私が入院準備のために準備したもの・購入したものをご紹介します。

スポンサーリンク

病院で用意してもらえるものを確認しよう

hospital1

病院によっては、入院中に用意してもらえるものもあります。

必要ないものは持って行かなくて済むように、まずはそれらを確認しましょう。私の場合は、両親学級に参加して教えてもらいました。

仕事などで参加できない場合は、直接助産師さんに聞いておくとよいと思います。

ちなみに、私の病院で用意してもらえたものは以下の5つでした。

  • 産褥ナプキン
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • シャンプー・リンス
  • 入院中の赤ちゃんのおむつ・衣類

入院時に絶対必要なもの

bositetyou1

まず、入院時に必ず持参すべきものは以下の5つです。

  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 印鑑
  • 入院申込書(病院による)

これらは、入れられるものはあらかじめバッグに入れておいてもいいですが、陣痛が始まってから再度確認してから、出かけたいですね。

あらかじめ準備しておきたいもの

あらかじめ購入しておいて、できるだけ早めに入院用のバッグに詰めておきたいものは以下の6つ。

1.産褥ショーツ・産褥ブラジャー

産褥ショーツとは、産後すぐに履くショーツのこと。


犬印本舗 産褥ショーツ ML

マジックテープなどで股の部分が開くようになっていて、ショーツを脱がなくても、寝たまま診察をしてもらえる形のものです。マタニティ用のショーツとは別なので注意。

ほとんどの病院で、出産準備品として用意するように言われるようです。私は実物を見るまで全く知りませんでした。3枚程度用意しましょう。

産褥ブラジャーは、私は妊娠中からずっと使っている前開きノンワイヤーのものを持って行くことにしました。

授乳しやすいものであればOKとのこと。

最近は、前開きになってないオシャレなマタニティブラもあるので、それを使っていた人は、前開きのものを準備しておくとよいと思います。

ちなみに、私はこのような3つのホックが付いたタイプが一番気に入ってます。


犬印本舗 ハーフトップ花柄ドット

適度なホールド感と楽さがちょうどよい。前もがばっと開くので、授乳もしやすそうです。

2.授乳しやすい衣類

私が出産する病院は病院着がないため、私服を持ってきてくださいとのこと。

これも授乳しやすい前開きの服であることが大事です。

入院中なので、できるだけ楽なパジャマと私服の中間…部屋着のようなもの4枚ほど持って行くことにしました(普段なら、ゴミ出しくらいは行けるかなという程度の服装)。

お腹がすっぽり隠れるワンピースのような丈の長い物がおすすめです。


秋〜秋冬 マタニティ かわいく上品なドット柄レース使い/スムース ドットプリントナイティ

下は、マタニティ用のレギンスがちょうどいいです。

足元を冷やさないよう、靴下も忘れずに!

3.Lナプキン数枚


dacco お産用パッド フィール10個入

入院前に破水した場合、大きめのナプキンが必要になってきます。

夜用のLサイズか産褥ナプキン、ない場合は赤ちゃんのおむつでも代用は可能とのこと。

入院後は用意してもらえる場合もあるのですが、万が一のためにも持っておいた方が安心です。産後も使えるので、数枚は準備しておきたいですね。

4.洗面用具・ヘアケア用品など

これらは泊まりとなると普通に用意する場合が多いので、大丈夫ですよね。洗顔や歯ブラシ、化粧水なども入れておきましょう。

授乳の際に邪魔にならないよう、髪の毛を束ねるヘアゴムもあるとよいと思います。

入浴許可が出るまではお風呂に入れないので、ヘアケア用品やドライシャンプーがあってもいいかも。

また、普段コンタクトレンズを使用している人は、入院中は時間関係なく寝たり起きたりすることが多いので、両方持っている場合は、コンタクトよりもメガネの方が便利とのこと。

私は一応ワンデーのコンタクトもいくつか持って行くつもりですが、基本的にメガネで過ごそうと思っています。

病院内を移動するスリッパも必要です。

5.箸・コップ・ストロー

自分が使うものは病院で用意してもらえる場合も多いですが、しんどい時でも水分がとりやすいため、ストローがあると便利です。

出産後、面会に来てくれた人にお茶を出せるように、紙コップもいくつかあるといいですね。

私は食べられる日は、夫と一緒にごはんを食べたいと思ってるので、割り箸もいくつか入れておきました。

6.退院時の服(自分用・赤ちゃん用)

退院時に着る服も入れておきましょう。

自分の服と、赤ちゃんの服も忘れずに!

退院時に車を利用する場合は、チャイルドシートも必ず!とのことでした(我が家はタクシーで帰るつもりです)。

なくてもいいけどあると便利グッズ

あとは、助産師さんから教えてもらった、なくてもいいけどあると便利なグッズ。

授乳クッション


MOGUマタニティ ママ マルチウエスト 本体(カバー付)

これがあるとないとでは、授乳の楽さが全然違うみたい。

でも、入院に持って行くとなると荷物がかさばるので、私は買ってません。退院後、おうちで使うために購入してもいいかなーと検討中。

母乳パット


ローズマダム 布製母乳パッド ホワイト フリーサイズ

母乳パットとは、普段の生活の中で自然に母乳が溢れてきて、服に染みてしまわないように入れておくパットのこと。乳首の保護や保湿にもなるそうです。

これは自分の母乳がまだどれくらい出るか分からないので、どうしようかな…と思っていたのですが、私は一応買って持って行くことにしました(もしかしたらドバドバ出るかもしれないしそうなったら焦るのでw)。

いずれ必要に応じて買い足せばよいので、まずは布タイプのものを1つだけにしておきました。

携帯の充電器

入院中に充電が切れると、連絡がとれなくて困りますよね。

直前に入れなくてはいけないとなると忘れそうですが、できるだけ忘れずに持って行きたいところです。

ちょっとした暇つぶしグッズ

暇を潰す余裕なんてないかもしれませんが、気分転換に本や音楽プレーヤーなど、かさ張らないものをちょこっと入れておくとよいかもしれません。

リラックスするためのアイマスクや耳栓なんかもおすすめです。

まとめ

細かく言い出すと他にもいろいろあると思うのですが、とりあえず必要最低限はこんなかんじ。

できるだけコンパクトにまとめておいて、後から必要になったものは、夫や両親に頼んで持ってきてもらってもいいと思います。

私もついに来週から37週を迎えます。出産準備を万全に整えて、覚悟を決めて挑みたいと思います!!

【関連記事】

★準備しておきたいベビー用品★

出産準備に!助産師に聞いた冬生まれの新生児に必要なベビー用品
我が家の出産予定日は、2017年1月。 冬生まれの赤ちゃんに必要なものを、今から揃えておきたいと思っています。 ですが、調べていると、ベビー用品って...
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です