上高地開山!行き方&初めてでも歩けたおすすめ散策コース

4月27日は、長野県上高地の開山祭。冬の間、入ることのできなかった上高地の山が開山します。4月でもまだ冬景色の残る上高地ですが、これからの季節にかけておすすめのスポットですよ。

私たちは2015年6月に訪れてました。どんな風に行ったらよいか、どこを歩けばよいか、訪れた際の様子を含め、見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

上高地ってどんなところ?

kamikochi12

上高地とは、長野県松本市にある山岳景勝地です。標高約1500mの山の中では、滅多にみることのできない植物や生き物、山や川の美しい景色を見ることができます。国の特別名勝・特別天然記念物にも指定されている場所で、大自然を満喫できる場所なんです。

どうやって行くの?

上高地の山には、マイカーは入ることができません。自然保護のためのマイカー規制が敷かれているため、車で行けるのは「沢渡(さわんど)」または「平湯」駐車場までとなっています。釜トンネルからは通行禁止なので、注意しましょう。駐車場よりシャトルバスかタクシーを利用できます。

私たちは「沢渡駐車場」にレンタカーを停めて、シャトルバスで「大正池」まで行き、帰りは「上高地バスターミナル」から沢渡へ戻りました。夫婦で訪れる場合は、駐車場まで車→シャトルバスが一番安く行ける方法だと思います。ただし、2人以上の場合は、バスよりもタクシーの方が安い場合があるので、比較してみます。

シャトルバス・タクシー運賃比較

シャトルバス タクシー
沢渡~大正池 片道
1200円
往復
2000円
※小学生半額
3500円
沢渡~上高地バスターミナル 4200円
平湯~大正池 3500円
平湯~上高地帝国ホテル 4000円
平湯~上高地バスターミナル 4500円

このように、距離によって若干の違いがあるのですが、シャトルバスは往復2000円なので、4人で訪れるならタクシーの方が安くつきそうです。

どこを歩けばいいの?

上高地は、3つのバス停があります。好きなところで下車して、無理のない散策コースを選ぶことをおすすめします。

がっつり歩きたいのであれば、「大正池」からスタート。河童橋まで30分ほどで到着して、その先も行ってみたいなら「帝国ホテル前」からスタート。河童橋から先をメインに楽しみたいなら「上高地バスターミナル」スタートがおすすめです。

ちなみに私たちは、大正池からスタートして、河童橋をこえ、明神池までぐるっと歩きました。想像以上に距離があったため、4時間以上かかってしまい、帰りのバスの時間が迫り、帰りは競歩のようなウォーキングに…w(間に合いました)

明神池やその先まで行きたい場合は、余裕をもって出かけるようにしましょう。

歩いたコースを紹介するよ

1.スタート地点「大正池」

kamikochi14

バス停を降りてすぐ見える大きな池。大正4年に起きた山の噴火により、川が堰き止められ、一夜にしてできた池だそうです。

この時は、小雨だったのでいまひとつ視界がよくありませんが、水はそれはもう綺麗でした。水の綺麗な場所が大好きな私はすでに感動。

kamikochi13

池の上に作られた遊歩道を歩いていきます。上高地の散策は、登山のイメージとは少し違っていて、あまり急な坂がありません。とても歩きやすいのもおすすめなんです。

探すまでもなく魚がたくさん泳いでいます。

kamikochi15

2.湿原と山の景色「田代池・田代橋」

kamikochi11

2つ目の池は「田代池」。山からの湧水でできた湿原です。ここから見える穂高岳の眺めも素晴らしいのだとか。(雨天のため、いまいち見渡せませんでした)。

田代橋からは、流れる川と山々の景色を見ることができます。

可愛い植物もたくさん咲いていました。植物は雨のおかげで元気です。

kamikochi9 kamikochi8

3.芥川作品で有名!「河童橋」

kamikochi7

上高地といえば、河童橋からの景色を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。よくポスターやテレビなどでも使われる絶景スポットです。芥川龍之介の小説「河童」に登場することでも有名な場所。

ここへ到着した頃には、空が晴れてきました。

山が近くて、空も近い!空気がとっても澄んでいて気持ちいいです。

河童橋付近には、お土産屋さんやカフェも並んでいます。上高地でお土産を買いたいなら、このあたりで買っておきましょう。私たちはアップルパイを買って、ちょっぴり休憩。

トイレもこの先は明神池までないので、行っておきましょう。

4.清水川

梅花藻という水草がたくさん生えている清流。水がびっくりするくらい澄んでいます。この場所は、大雨でも濁らないのだそうです。

鴨の赤ちゃんにも出会いました。

kamikochi5

野性の猿もいました。ちょっとビビりましたw

野生の猿は、人馴れがすすんでいることで問題になっているのだとか。エサやりは絶対に禁止です。写真を撮るために、安易に近づいたりするのもNG。子ザルを守るために襲い掛かってくることもあるそうなので、目を合わせないようにしましょう。

参考:【注意】上高地で出没する野生生物について

5.穂高神社奥宮・明神池

kamikochi3

しばらく行くと、神社の奥宮があります。

明神岳と明神池のあるこの場所は、とても神聖な雰囲気。明神池は神域のため、拝観料が300円かかります。

kamikochi2

この場所以外に池はいくつもあるし、山もたくさん見られるのですが、実際入ってみると、なんだかここだけ雰囲気が違いました。手前に一之池、奥に二之池が広がっており、ひたすら静か。

kamikochi1

目の前にそびえる山の荘厳さにただただ圧倒されます。すごく大きな岩魚も泳いでいました。なんだか魚にも貫禄があります。

6.明神橋を渡って折り返し

ここで明神橋を渡って、河童橋付近にある「上高地バスターミナル」まで折り返しました。

川の南側のルートは、見どころは少ないですが、道幅も広く歩きやすいので帰り道にはおすすめです。次回行くことがあれば、明神橋の先にも行ってみたいです。

まとめ

kamikochi6

いかがでしたか?

上高地は、登山というよりも、山の中にある森の散策路。次々と変わっていく美しい景色に飽きることなく、歩くことができます。他の山にはない、特別な景色に出会えるはずです☆

夫婦2人で挑戦するなら、ぜひたくさん歩いてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です