慶良間諸島に宿泊!阿嘉島「ハナムロイン」は安くて快適【沖縄】

沖縄県の島、慶良間諸島の宿なら、阿嘉島(あかじま)の「ハナムロイン」がおすすめです。

島での宿泊って宿の詳細が分からないところが多くて、行くまでちょっぴり心配ですよね。今回行ってきた「ハナムロイン」は、こじんまりとした民宿ですが、満足度の高いところでした。

どんなお宿か、詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

阿嘉島「ハナムロイン」

まず、阿嘉島ってどんなところ?と思う人もいるかもしれませんが、那覇からフェリーで約1時間半で行くことのできる離島です。

ビーチがいくつもあって、ウミガメにも会うことができます。

ウミガメ出現率高すぎ!那覇から行ける離島「阿嘉島」のビーチ
沖縄観光は本島もよいですが、静かな離島で大自然を感じながらのんびりするのもオススメです。 人気の石垣島や宮古島ももちろん素敵ですが、那覇の港から行くことの...

本島のビーチよりも魚も多くて透明度も抜群!ダイビングやシュノーケリングをするなら、海の中は魚の楽園なので、ぜひ訪れてほしい!

ハナムロインってどんな宿?

hanamuro1

阿嘉島の宿は、あまり数が多くありません。

そのほとんどが民宿で、いくつかの候補の中から選ぶのですが、口コミなども少ないので、正直どこがよいのか今一つよく分からない。

今回、いくつかのサイトを見てから、なんとなくよさそうだった「ハナムロイン」に宿泊してみたのですが、思ってた以上に快適でした。

「ハナムロイン」は、こじんまりとした民宿で、部屋も6部屋しかありません。外から見ると、赤いパラソルとデッキがあり、なんとなく小洒落た雰囲気。画像奥の建物が客室です。

私たちが訪れたときに宿泊していたのは、私たちの他に、女性2人のお客さんが2組、外国人4人グループ(関係性が謎の男女)が1組でした。女性客はリピーターさんでした。

宿のスタッフさんは朗らかで、島のことをいろいろ教えてくれて、すごく親しみやすい人でした。初めて訪れた私たちへの対応も丁寧で、安心して過ごせましたよ。

港からは徒歩3~5分で歩けるので、立地もよいです。ビーチは、阿嘉ビーチまで徒歩8分くらい、ニシハマビーチには送迎してもらえます。

お部屋と設備がキレイ!

気になるお部屋と設備のお話。

民宿だし、少しくらい汚くても仕方ないかなぁと思っていたのですが、女性客にも人気なだけあって、オシャレで清潔感があります。

客室にはベッドと机のみ

hanamuro3

白を基調としたお部屋には、ベッドが2つ。
部屋の中は狭いです。ほぼベッドで埋め尽くされていますが、寝るだけなら特に問題ありません。

壁に服を掛ける場所や、鏡、ティッシュ、小さいですが机とイスもあります。

入口側とベランダ側がガラスの窓のようになっていて、横一列にお部屋が並んでいます。おそらく音はお隣さんに筒抜けですが、入口もベランダもカーテンを閉めればプライバシーは守れます。鍵は内側からなら、かけられます。

入口側から外へ出ると、すぐにテラス(共同スペース)に出られるようになっています。

ベランダには物干しとハンガーがたくさんあるので、水着を乾かすのに便利。こういうちょっとした配慮がありがたい!

シャワー・トイレ・洗面台が綺麗

私が一番気に入ったのは、シャワーとトイレが綺麗だったこと。

シャワー室は、トイレと同じくらいの小さい個室が2つあるのですが、壁と床が綺麗なつるつるの石の素材で整備されているので、清潔です。よくある海水浴場のコンクリートの個室みたいなやつを想像してたので、だいぶ満足度高かったです。

シャンプーとボディソープも置いてあります。

海に入ると髪の毛がギシギシになっちゃうので、トリートメントは持参するとよいかも。

トイレも洋式で普通にキレイでした。

洗面台はこんなかんじ。

hanamuro4

全て共同なので、順番待ちをすることもあるかもしれませんが、そこは譲り合って使ってくださいね。

湯船もあるよ

hanamuro6

実は「ハナムロイン」には、湯船もあります。

シャワー室とは別の場所ですが、テラスに2つ湯船があります。宿の人に声をかければ、水着着用で利用できます。

わりと丸見えのスペースなので、私たちは利用しませんでしたが、空を眺めながらのバスタイムも素敵かもしれません。

シュノーケリングのセットが充実!

hanamuro2

阿嘉島へ来たら、とにかくシュノーケリングかダイビングを楽しむしかありません。

島までシュノーケリングのセットを持って行くのは大変…!という場合も大丈夫。「ハナムロイン」では、シュノーケリングに必要なもの一式を1000円で借りられます。

フルセット(マスク・シュノーケル・フィン・ライフジャケット)を借りて行くのがおすすめですよ。ちなみに、1つだけ借りたいという場合は500円で借りることもできます。

みんなで食べる食事!

「ハナムロイン」は、ごはんも美味しいです。宿泊者みんなが同じ時間に集まり、テラスで食べます。

hanamuro16

席は真ん中の大きめのテーブルと、奥のカウンターテーブル、4~5人用テーブルがあります。それぞれ決められた場所に座って、いただきます。宿泊者同士で交流が深まることもあるそうですよ。

「うぇーい!」ってかんじの若者が盛り上がりすぎてたら怖いな…とも思ってたんですが、私たちが訪れたときは、それぞれがしっとり楽しんでるかんじでした。アットホームでよい雰囲気。

夕食は日替わりで!

テラスにその日のメニューが貼り出されます。沖縄の食材を使ったオリジナルメニュー。どれも手作りで温かみのあるお料理ばかりでした。

この日のメニューは、こちらの6品。

hanamuro12

マグロの刺身はこの大きさ!!

hanamuro13

沖縄混ぜそば。

hanamuro14

ジャージャー麺のような味付けの沖縄そば。沖縄そば特有の麺のもっちり感が新感覚でした。なるほど、こういう食べ方もあるのか…!

マグロのスパイシー炒め。

hanamuro18

トマト煮込みのような見た目ですが、カレーのスパイスがよく効いていて、エスニックな味わい。美味しいです。

ご飯にも合うし、お酒にも合う!

量はそこまで多くありませんが、ご飯はおかわり自由です。

お酒はオリオンビールとボトルワインがあります。

hanamuro5

クーラーボックスの中から自分で取って、横に置いてあるメモに、何本取ったか「正」の字を書き足していくという究極のセルフサービスwチェックアウトのときに清算です。

ちなみに、水と氷は無料でもらえます。

ヘルシーな朝ごはん

朝ごはんはこんなかんじ。

hanamuro17

野菜たっぷりでヘルシーです。BLTバーガーおいしかった!

周辺情報ーお散歩してみましたー

「ハナムロイン」周辺を散歩してみました。夜は美しすぎる星空に感動し、朝は日の出に感動。

那覇の近くとは思えないほど、自然がいっぱいです。

前浜ビーチをお散歩

宿のすぐそばにある前浜ビーチ。

hanamuro8

ここは宿の目の前にあり、海岸が広くて歩きやすいので、泳ぎに行くよりものんびり散歩するのにおすすめです。

夜は海岸に腰かけてぜひ、満天の星空を眺めてみてくださいねー!

買い物なら商店へ!

hanamuro11

阿嘉島にコンビニはありません。

何か食べ物や飲み物を買いに行きたい!という場合は、「中村商店」か「たつのじょう」というスーパーへ行きましょう。「たつのじょう」は徒歩5分で行けます。

おやつやお酒、生活用品などが置いてあります。

阿嘉島唯一のバー「ヨナミネハウス」

hanamuro9

散歩をしていると、民家・民宿の中に、古民家を改装したオシャレなバーが!!

「ヨナミネハウス」という阿嘉島唯一のバーだそうです。

宿でご飯を食べた後、ここでまったり過ごすのもいいですね。

御殿(うるん)の木

村指定文化財「うるんの木」は、アカテツと呼ばれる大きな木。

hanamuro10

高さ13m、樹齢400年以上に推定される郎大木です。円形状に広がった枝が、独特の雰囲気を醸し出しています。

阿嘉大橋からの朝日

早朝、橋の上を散歩すると朝日を見ることができます。

hanamuro15

めちゃくちゃ綺麗でした。
宿から橋までも5分くらいで行けるので、早起きして見に行ってみてくださいね。

朝の澄んだ海と朝日が昇る様子は、写真におさめるにはばっちりです。

まとめ

「ハナムロイン」の魅力をまとめるとこんなかんじ。

  • こじんまりとしたアットホームな宿
  • 清潔感があって設備が使いやすい
  • シュノーケリングセットの貸出が安い
  • 阿嘉ビーチが近い(ニシハマビーチ送迎もあり)
  • ご飯がおいしい
  • 徒歩圏内に売店やバー、絶景スポットあり

ちなみに、宿泊料金は1泊9100円、2泊以上の場合は連泊割引で8100円です。安い!!

阿嘉島に訪れる際には、ぜひ宿泊してみてくださいね。

【ハナムロイン基本情報】
■所在地
沖縄県島尻郡座間味村阿嘉52
■TEL
090-6857-5430(9:00~18:00)
■営業期間
3/11~5/8、6/17~11/3(平成28年)
公式HP

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です