妊婦でも快適な沖縄のホテル*インターコンチネンタルのサービス

沖縄「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」に行ってきました。

妊娠8か月の妊婦が宿泊しましたが、妊婦さん向けのサービスをたくさん実施しているので、快適でしたよ。

マタニティ向けサービスを実際に体験してきたので、その時の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

ANAインターコンチネンタル万座ビーチ


ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

沖縄県国頭郡恩納村にある景勝地、万座毛の近くにあるリゾート。夏はたくさんの観光客で賑わうホテルで、家族連れや外国人観光客も多いです。

「インターコンチネンタル万座ビーチ」には、スマイルマタニティというサービスがあり、妊婦でも快適に過ごせるよう、配慮されています。

今回、ホテルを選ぶ際に、「日航アリビラ」と迷ったのですが、このスマイルマタニティサービスがあることが分かったため「ANAインターコンチネンタル」を選びました。

妊婦でも快適!ホテルANA万座ビーチと日航アリビラを徹底比較
大人の沖縄旅行は、夏休みが終わったこれからがオススメ! 妊婦だってリゾートを楽しみたいですよね。海や山でアクティブに遊ぶことは難しくても、リゾートでのんび...

では、実際に訪れてみてどんなかんじだったか、ご紹介します。

①くつろぎグッズ(抱き枕・足枕)貸出

チェックイン時に妊婦であることを伝えると、抱き枕・足枕を持ってきてもらえました。

インターコンチネンタルホテルのベッドには、枕とクッションがたくさんあるので、どうしても必要というわけではなかったのですが、利用させてもらいました。

お部屋まで持ってきてもらったくつろぎグッズはこちら。

hotel-ana-maternity1

手前に置いてある水色のクッションが抱き枕・白いカバーがかかったものが足枕です。

抱き枕はフワフワしていて肌触りがよく、気持ちよかったです。

もともとお部屋にある円柱のクッションはどっしりしていて、体を起こしているときには背もたれになって便利ですが、抱き枕にするにはちょっと硬いので、借りるのがオススメ。

妊娠中は横向き姿勢で(シムズの姿勢)で抱き枕を抱えると、楽ですよね。足枕を使って、横向きになったときの上側の足を置くとさらに楽です。

②マタニティ水着の貸出OK

「ANAインターコンチネンタル万座ビーチ」には、ガーデンプールとジャグジーがあります。ビーチもあるので、夏はもちろん海でも泳げます。

妊婦には、マタニティ水着を貸出ししてもらえます。これも、フロントに聞けば用意してもらえます。

というわけで借りてみました。水着はこんなかんじ(ラッシュガードは私物です)。

ana-hotel-maternity2

ラッシュガードの下はノースリーブ、下まで写ってませんが、膝ちょい上くらいのハーフパンツです。

この時の私は、妊娠8か月なので、かなりお腹は大きくなってたのですが余裕で入りました。特に可愛い水着ではありませんが、デザイン的にも無難で安心。

私が訪れた日は暖かかったからか、プールは温水じゃなかったので、ちょっとだけ入ってすぐに出ましたが、ジャグジーは快適でした。

妊婦は体を冷やさないようにしたいところですが、少しくらい泳ぎたい!リゾート気分を味わいたい!という場合、プールサイドでまったりするのと、ジャグジーに入るだけでも、リゾート気分が味わえるのでおすすめですよ。

ana-hotel-maternity3

オーシャンビューのジャグジー。

気温の低い日はプールも温水になるそうです。

③マリンアクティビティの割引が効く

妊婦でも利用できるプログラムについては、割引が効きます。

妊娠月分だけ割引になるので、妊娠5ヶ月であれば50%OFFというお得ぶり。私はサブマリンJr.Ⅱ(グラスボート)に破格の80%OFFで乗ることができました。

子ども料金より安くなってしまって、申し訳ないくらいでした…。

割引の効くマリンアクティビティは以下の通り。

主に船に乗るプログラムと、レンタルプログラムがあります。

  • サブマリンJr.Ⅱ
  • サンセットクルージング
  • セーリングクルーズ
  • 万座毛観光遊覧
  • レンタルプログラム(浮き輪・エサ釣りセット・パターゴルフなど)

サブマリンJr.Ⅱに乗ってみた

サブマリンJr.Ⅱは、インターコンチネンタルホテルのグラスボート。

他のリゾートにあるグラスボートに比べて、海の中を覗きやすいのが特徴です。

船はデッキと地下があり、船の底を覗くのではなく、地下の座席に座って窓から海を眺められます。

ana-hotel-maternity4

ずっと下を向いて海底を眺めるのは、妊婦にはキツイですが、無理のない体勢でいられるのが嬉しいです。途中2つのスポットに船を止め、デッキから魚にエサやりをすることもできます。

30分程度なので、すごく短く感じてしまいましたが、無理をしてはいけない妊婦にはちょうどよいかなと思います。

④至福のマタニティエステ

urumo-spa6

「インターコンチネンタルホテル」内にある「うるもスパ」では、マタニティスパ・エステも利用できます。

これは、こちらの記事に詳しく書いたので、よかったら読んでみてくださいね。

妊婦のエステ体験*インターコンチネンタルホテル「うるもスパ」
妊娠中って、背中や腰が痛くなったり、足がつりやすくなったり、いろいろとトラブルが多いですよね。 マッサージに行きたい!と思っても、マッサージ店の一般向けメ...

ものすごーく癒されました。ちょっと高いですが、冷えや腰痛の解消、リフレッシュになり、至福のひとときでした。

最後に*妊娠中の旅行「マタ旅」はよく考えて!

maternity3

以上4つ、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の妊婦でも楽しめるサービスをご紹介しました。

実際に利用してみて、すごく快適でした。妊娠中のリフレッシュにもなり、素敵な思い出ができました。

が、正直言って、私は妊娠中に遠方から沖縄旅行へ訪れることに、賛成…ではありません。

マタ旅についての意見は賛否両論です。

子どもが産まれる前に、夫婦の思い出作りをしたい!と思う人は多いですが、妊娠中の長距離移動はリスクが伴うということは忘れてはいけません。

私は妊娠8ヶ月でこのリゾートに宿泊しました。

が、私の場合は、那覇在住で、もし何かあったときはいつでも引き返せるという条件の元、宿泊しています。

妊娠中、沖縄へ旅行するということは飛行機での移動となる場合が多いですよね。

海外よりはリスクは減るかもしれませんが、現地でトラブルがあったら、なかなか簡単には帰れないと思います。

実際、沖縄本島を旅行中に体調が急変し、現地で救急受診をした妊婦は2004年~13年の10年間に約300人もいるそうです(2014年7月24日読売新聞より)。安定期だからといって、何が起こるか分からないのが妊娠。旅行に行っても大丈夫かというと「大丈夫」とは言い切れません。

漫画『コウノドリ』3巻でも描かれていますが、予想以上に経済的な負担がかかってしまうことも考えられます。

妊婦さんにおすすめのホテルを紹介しておいて、こんなことを言うのもおかしい気もしますが、マタ旅はリスクを知った上で、ほどほどに…決して無理はしないようにしましょう。

私のように沖縄に住んでいて、近場で訪れられる場合であれば、小旅行もリフレッシュになると思いますが、遠方から訪れる場合は、よくよく考えて決断してくださいね。

★ANAインターコンチネンタル万座関連記事★

妊婦のエステ体験*インターコンチネンタルホテル「うるもスパ」
妊娠中って、背中や腰が痛くなったり、足がつりやすくなったり、いろいろとトラブルが多いですよね。 マッサージに行きたい!と思っても、マッサージ店の一般向けメ...
ラウンジが素敵!インターコンチネンタル万座のプレミアムフロア
2016年11月の週末、沖縄にあるリゾートホテル「ANAインターコンチネンタル万座」に宿泊してきました。 今回は、我が家にしては珍しい「セレブ旅」。 ...

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です