実写版ティモンとプンバに会える!富士サファリのふれあいゾーン

「ハクナマタタ♪」の呪文とユニークなキャラクターで有名な「ライオンキング」のティモンとプンバ。実物に会ってみたくありませんか?

富士サファリパークのふれあいゾーンでは、ティモンのモデルになったミーアキャットと、プンバのモデルになったイボイノシシに会えるんです。なんと、イボイノシシが見られるのは、日本でここだけだそうですよ。

富士サファリパークは、サファリゾーンがメインだと思われがちですが、いろんな動物たちとふれあえる「ふれあいゾーン」にもお楽しみがいっぱいです☆ここに行けば、実写版ライオンキング気分を味わえる…かもしれません!

スポンサーリンク

富士サファリパーク

基本情報

富士サファリパークの基本情報については、こちらの記事に詳しく書きましたので、ご覧ください☆

ライオンが自由すぎる!「富士サファリパーク」を車で探検しよう
日本には、たくさんの動物園があります。動物好きにとっては、大人でも楽しい動物園。けれども、動物園の中には、動物が狭い檻に閉じ込められて、大勢の人間が取り囲んでい...

ふれあいゾーンってどんなところ?

富士サファリパークのふれあいゾーンは、車から降りて、歩いて見て回ることができる動物園のようになっています。

カピバラやアルパカ、馬などとふれあえるコーナーで自由に動物たちとふれあったり、チーターやカバのエサやりタイムを見学することができます。

一般的な動物園よりも、ふれあえる動物が多いので、ふれあいが好きな人にとっては、かなり長い時間過ごせる場所です。ちなみに、いろんな動物とふれあえる動物園は草津にもあります。「草津熱帯圏」の記事もよろしければご覧ください☆

温泉だけじゃない!草津熱帯圏はカピバラやサルとふれあえる動物園
冬は温泉に行きたくなりますよね。草津温泉は、言わずと知れた人気の温泉地。夫婦で訪れたいと思っている人も多いのではないでしょうか。 草津の温泉街には、食べ歩...

実写版ティモンとプンバに会いに行こう!

ティモンのモデル!ミーアキャット

fuji-safari-petting13

実写版なので、動物ですw

ティモンはミーアキャット。ミーアキャットとは、マングースの仲間で、アフリカのサバンナに生息する生き物です。体長は30㎝程度の小さな動物で、太陽の方向に向かって直立する姿が特徴的。

ちょこちょこ動いて可愛いです。

もともと集団で生活する生き物だからか、ここにいるミーアキャットも数匹で行動している子が多かったです。

fuji-safari-petting5

ライトに向かって立ち上がるミーアキャットも見られます。ライトでも立ち上がっちゃうとか可愛い。

プンバのモデル!イボイノシシ

fuji-safari-petting6

プンバはイボイノシシ。イボイノシシもアフリカに生息する生き物です。作中の色使いと違って、黒っぽい色をしてました。体も大きくて、プンバのイメージよりも強そうです。

実際は草食動物で、普段は大人しい動物だそうですよ。

野生のイボイノシシは、体についた寄生虫を食べてもらうために、マングースの巣穴に行くこともあるのだとか。ティモンとプンバが仲良しなのは、そんな関係から来ているのかもしれませんね。

自由にふれあえる動物たち

富士サファリパークには、他にも実際にふれあえる動物たちがたくさんいます。私たちがふれあった動物たちを紹介したいと思います☆

カピバラとマーラ

fuji-safari-petting2

入口を入ると、カピバラとマーラゾーン。おっとりしたカピバラや、大人しいマーラたちがのそのそ歩いてます。近づくと、普通に触れます。

私たちが食べ物を持ってないことが分かると、すぐにエサを持った子どもたちのところへ移動するカピバラたち。

ポニー

fuij-safari-petting3

ポニーのエサが置いてあったので、やってみました。なかなかすごい勢いでブシャブシャ食べるポニー。必死でかわいい。勢いのあまり手まで食べられないよう、トングのようなもので挟んで与えましょう。

アルパカ

fuji-safari-petting4

アルパカは可愛いけれど、くしゃみには要注意。長くその場にいたら、くしゃみと大量の唾や液体を浴びてしまいますw恐る恐るエサやり体験しました。

アルマジロ

fuji-safari-petting7

めっちゃ元気なアルマジロ。おやつが欲しくて、ケージの中で暴れてます。アルマジロにエサやりができるのは珍しいですよね。ケージ越しですが、スプーンにエサを入れてやると、上手にペロッと食べてくれました。面白い。

ネズミとモルモット

fuji-safari-petting8

ふれあいコーナーのネズミたち。ハムスターもいましたが、こちらの「THEネズミ」さんはかなり小さい。しっぽの長さがネズミ感を増幅させてきます。私はハムスターの方が好きですが、子どもたちには人気でした。

ロップイヤーラビット

fuji-safari-petting9

うさぎさんもいましたよ~!うさぎなら家でも好きなだけ触れるんですが、ここでもふれあってきました☆耳の垂れたロップイヤーは、ミニウサギより性格がおっとりしてますね。ぬいぐるみみたいで可愛すぎます。

ワラビー

fuji-safari-petting11

「お腹痛いの?」と思わず聞いてしまったワラビー。柵の中に入ってふれあえます。ちょっと遠くにいたので直接は触れませんでしたが、この格好なんか人間みたいで笑ってしまいました。可愛い。

リスザル

fuji-safari-petting10

柵越しですが、たくさんのリスザルたちともふれあえます。リスザルは人気で、人がたくさん集まってました。とっても賑やかでちょこちょこ動く様子が可愛かったです。

白カンガルー

fuji-safari-petting12

珍しいですよね!真っ白でとっても綺麗なカンガルーです。

柵の中にも入ることができます。初めて触りましたが、おとなしくて可愛かったです。カンガルーの中の種類なのかなと思って調べてみたところ、メラニンの先天的な欠乏によって生まれたアルビノ種なんだそうです。

まとめ☆

fuji-safari-petting14

いかがでしたか?

富士サファリパークは、ふれあいゾーンにも楽しめるポイントがいっぱいです!

サファリゾーンと合わせて楽しめば、1日中遊べます!

ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか☆

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です