カルピスの特選バターが超美味しい!普段の食パンも格上げ決定!

カルピス株式会社の作る、特選バターをご存知でしょうか。

一度食べたらもう他のバターが食べられなくなるくらいの、この美味しさ。母親に教えてもらって買ってみたのですが、食パンに塗って食べるだけで、毎日の朝食が一気に贅沢なひとときになりました。なにこれめっちゃ美味しい!

美味しさの秘密と、食べてみた様子をご紹介します。

スポンサーリンク

カルピス「特選バター」とは


カルピス 特撰バター

カルピスといえば、あの誰もが知ってるお馴染みの白い飲み物を連想しますよね。

カルピスのバターとは、そのカルピスをつくる工程で、牛乳からとれる脂肪分から生まれているのだそうです。知る人ぞ知る「幻のバター」として、昔から一流フランス料理シェフにも絶賛されていたのだとか。

バターの色はというと、

白いんですよ。

これは、品質のよい牛乳で製造されているため、牛乳に近い色のままなんだそうです。よいバターは白いんだって。

今まで黄色いやつしか食べたことなかったなぁ…。

値段にビビりつつ買ってみました

KALDIに売られていたので、購入してみました。

これなんと、一箱で1600円くらいするんですよ。た……高っ!!!!

売り場でバターを眺めながらしばらく考え込んでしまうこの値段。うちの母は、割と値段とか気にせずポーンと何でも買っちゃう大胆な性格なのですが、私はそんな母に育てられたわりには超小心者。

バターに1600円。…1600円っていったら西松屋でベビー服2着買えちゃうからね。

しばらく悩みましたが、一度だけでも試してみようと購入しました。

食べてみました【味レビュー】

カルピスの特選バターは、もう箱からして高級感がすごい。

こんなかんじの、すごいしっかりしたケースに入ってます。真っ黒だったら時計とか入ってそうなハードな素材。

箱の中は、金紙に包まれたバターが。

450gも入ってるので、かなりでかいんですよ。写真は私の使いかけ(新品撮り忘れた…!)なので、半分以上減ってますが、書いたては箱と同じサイズのブロックですw

これをナイフで少しずつ切りながら使っていきます。不思議なことに、冷蔵庫に入れててもカチコチにならないので、バターナイフですっと切れます。

どんな料理にも合うのですが、バターをとにかく味わいたいので、まずはオーソドックスに食パンに乗せて食べてみます。

食パンは厚切りのものがおすすめ(写真は5枚切りの胚芽食パン)。

バターを乗せて、オーブントースターに入れてちょっと溶かしたら、全体に伸ばして塗って、食パンの生地にしみこませます。

バターがとろっと溶けて、すでにおいしそう。

食べてみました。

……!!!!(感動)

なんだろう。今までのバターってなんだったんだというくらい、美味しい。

正直言って、私、これまで食パンにただバターを塗って食べるの、あんまり好きじゃなかったんですよ。

どちらかというとチーズをのせたり、ベーコンと目玉焼きをのせたりして、食パンは脇役にして食べることが多かったんですが、カルピスのバターを塗ると、なんというか、チーズもベーコンも目玉焼きも押さえて、食パンが主役に格上げです。

バターの香ばしい香りと、厚切りのふわっとした生地に滲みこんだバターの味。

これまで食べてた食パンとは、完全に別物でした。

もう一度食べたらハマってしまって、最近はこればかり食べちゃう。

ちなみに、箱売りの450gは多すぎるなぁ…という場合は、パンに塗る用のソフトタイプもあります。

片手に乗るくらいの大きさです。

これは、ブロックのバターと違って、なめらかで塗りやすい。内容量は50gなので、値段も箱売りに比べると手頃です。

でも、たっぷり塗った方が美味しい!…と景気よく使ってしまうと、1週間くらいで使い切っちゃうので、デカい方が贅沢に楽しめる気がします。

料理やお菓子作りにも使えるよ!

カルピスのバターを使えば、普段の洋食も格上げです。

スーパーで購入した沖縄の魚(ミーバイの一種)をオーブンでバター焼きにしてみました。

ローズマリーとバターを乗せて、オーブンで焼きます。

間違いなく美味しいやつ!!ワインに合うやつ!!

カルピスのバターは、お菓子作りにもとっても相性がいいそうです。次はバターケーキを焼いてみようかなー。

まとめ

値段は高くても、味はそれ相応の価値がある!と思える、カルピスの特選バター。一度だけ試してみようと思って買ったのですが、これからもリピ買いしてしまいそうな予感です。

カルピスのバターがあれば、毎日の朝食がテンション上がるので、一日の始まりがハッピーになれる気がします。

「幻のバター」と言われているだけのことはありました…!!

よかったらぜひ、試してみてくださいねー♪

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です