京都~愛媛間の移動手段は何を選ぶ?7つの交通機関を比較するよ

本州を移動するなら新幹線、近場なら電車やバス、遠いところなら飛行機…と、それぞれどこへ行くにも便利な交通機関があります。

私は長い間京都に住んでいて、実家のある愛媛県と京都をよく行き来していましたが、この距離の移動をどう移動するかというのは迷いどころでした。京都~愛媛間は、いろいろな交通手段があるので、10年間の間でいろいろ試してみました。

料金や所要時間、実際に乗ってみての快適さを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

京都~愛媛間の交通機関ランキング

京都~愛媛の交通機関には、以下のようなものがあります。

  • 高速バス(昼間)
  • 夜行バス
  • 新幹線&電車
  • 電車のみ(青春18きっぷ)
  • 飛行機

1.速さランキング

まず、速く移動できる交通機関のランキングです。

交通手段 所要時間
1 飛行機 約1時間半
2 LCC 約3時間
2 新幹線&特急しおかぜ 約4時間半
3 車・高速バス 約5時間
夜行バス 約9時間(夜間)
5 フェリー 約10時間(夜間)
6 青春18きっぷ 約11時間

速く移動したいなら、断然飛行機がおすすめです。京都から伊丹空港までの移動時間もかかってしまいますが、それを考えても一番速く移動できる手段です。

LCC(格安航空)もありますが、関空発着のみとなるため、伊丹に比べて時間がかかります。また、便数も夜の便1便のみとなります。

それ以外の交通手段だと、だいたい早くても4~5時間はかかります。新幹線でも、岡山で特急「しおかぜ」に乗り換えなくてはいけないので、意外と時間がかかってしまいます。

2.安さランキング

 交通手段 片道料金
1 青春18きっぷ 2370円(1回分)
2 フェリー 3000円程度(南港までの移動含む)
3 LCC(格安航空) 5000円程度(関空までの移動含む)
3 高速バス・夜行バス 7200円
4 10000円程度+ガソリン代
5 新幹線&特急しおかぜ 13000円程度
6 飛行機 11000円(早得)~15000円程度

安さ重視で移動するなら、「青春18きっぷ」がおすすめです。青春18きっぷとは、JR在来線に乗り放題の切符です。ただし、青春18きっぷは、5回分の回数券(11850円)で販売されているので、数人で行く場合や、他にも使う予定がある場合でなければ無駄になってしまいます。また前述の通り、恐ろしく時間がかかるため、時間に余裕のある場合のみ利用しましょう。

フェリーの二等寝台は2310円、LCCだと2890円で安く移動できますが、南港までの交通費、関空までの交通費も加えて考える必要があります。

一番便利で快適な交通機関は?

以上、速さと安さを比較してみましたが、実際に乗ってみて感じた快適さ・便利さもお伝えしておきます。紹介する順番は、10年間で私が利用回数の多かった順です。

1.便利なのは高速バス(昼間)

kyoto-ehime2

速さ、安さどちらも中くらいに位置する高速バスですが、京都駅から乗れるというのが何と言っても魅力的でした。

他の交通機関だと、京都駅からわざわざ乗り場まで電車やバスでさらに移動する必要があります。高速バスは、乗り込んでしまえば後は寝るかボーっとしておけばいいだけなので楽でした。

ただ、5時間半の乗車は慣れてしまえば平気ですが、その日が半日くらい潰れてしまうというのはちょっともったいないような気もしていました。また、休憩も決められた2か所でしか取ってもらえないため、車酔いしやすい場合はちょっと大変かもしれません(車内にトイレはあります)。

2.2人以上なら車

kyoto-ehime1

結婚してからは、夫の運転で車で移動することも多かったです。

数人で移動する場合は、バスよりも車で移動する方が安くなります。また、車は自分の好きなときに休憩でき、瀬戸大橋や明石海峡大橋の景色を楽しむこともできます。助手席なら、快適さは一番だと思います。

しかし、ドライバーは運転が大変です。長距離運転をしたくない場合はおすすめしません。

3.速さなら飛行機

kyoto-ehime4

急用ができた場合や、時間がもったいないときには飛行機を利用しました。

飛行機は速く行くことができるのが最大のメリットです。正直言って、他の交通機関で移動するのが馬鹿らしくなるくらいすぐ着きますw

でも、やっぱり飛行機は高いので、私は余程のことがなければ利用しませんでした。さらに言うと、移動中はあまり快適とは言えません。小さなプロペラ機なので、搭乗は一旦地面に降り立ってから登らなければならず、高速バスより狭いかも?と思うシートに座ります。

初めて乗った時は、飛行機の小ささにめっちゃビビりましたw飛行機嫌いの人や、大型ジェット機に乗り慣れてる人は、怖いと思います。

4.旅行気分なら新幹線&特急「しおかぜ」

数回だけ試しに乗ってみたことがありますが、あまりおすすめの手段とは言えません。

新幹線はもちろん快適です。特急「しおかぜ」は、旅行気分を味わいたいならおすすめですが、想像以上に遅いんです。新幹線としおかぜを合わせて約4時間半。これだけ時間をかけて片道13000円もかかってしまうのは、コスパがいいとは言えません。

また、特急「しおかぜ」は私が今までに乗ったどの特急よりも揺れます。この揺れが苦手な私は快適とは言えない乗り物でした。

5.体力があれば夜行バス

kyoto-ehime3

学生の頃に数回乗りました。

夜行バスで寝れる元気さがあるうちは、便利だと思います。夜のうちに走ってくれるので、時間が無駄になることもありません。

しかし、体力がなくなってくると、結局降りたあと1日ぐったり…ということにもなりかねないので、大人になってからはほとんど利用しませんでした。体力と相談しましょう。

6.ノリなら「青春18きっぷ」

学生の頃、ノリで友達と一度だけ利用しました。

最初は調子よく楽しんでいたのですが、四国に入ったあたりから、前は海、後ろは山…という変わらない景色と、あまりにものんびりの在来線にぐったり。朝早く出たのに、着いた頃には真っ暗。とにかく疲れました。

正直言って、2度とやりたくないと思いましたw一度くらいなら経験としてアリだとは思いますよw

7.LCC(格安航空)と船

kyoto-ehime5

LCCと船は、実は利用したことがありません。

LCCに乗れなかったのは、便数が限られているため、なかなか都合が合わなかったためです。時間の都合が合うのであれば、LCCはアリだと思います。早さと安さを考えると、コスパがいい手段ですね。

船は、一度乗ってみたいと思いつつ、乗れませんでした。港までの移動が面倒だったことと、愛媛の港からもさらに移動しなければ市街地まで行けないので、不便だったためです。

この2つの手段は、もし今後利用することがあれば追記したいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

総合的に見ると、個人的には高速バス・車・LCCがおすすめです。とはいえ、それぞれの手段によさがあるので、その時の都合や予算に合わせて、賢く選ぶのが大事だと思います。

自分に合った交通手段を探して、利用してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です