授乳クッションは高さのあるものを!西松屋で購入して使ってみた

赤ちゃんが産まれると、一日に何度も授乳をすることになります。

赤ちゃんを抱いて、同じ姿勢でじっとしなければならない授乳は、思っている以上にママの体に負担がかかるもの。腰や背中、腕が痛くなって大変です。

そこで便利なのが、授乳クッション。私は、これなしではもはや乗り切れません。使ってみて感じる授乳クッションを選ぶポイントと、実際に購入して使用してみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

授乳クッションって必要?

赤ちゃんを産むまでは、授乳クッションの必要性がどれほどのものか、正直よく分かってませんでした。

ですが、赤ちゃんを産んで、実際に授乳を体験してみて確信しました。

母乳育児をするなら、絶対にあった方がいい。

もうね、これがあるとないとでは、楽さが雲泥の差なんですよ。初めて開発した人ほんまに天才だと思う。

授乳って、最初は1日10回くらい余裕でするんですけど、1回の授乳が20分としても、200分。つまり3時間以上は同じ姿勢を保たなくてはいけないんですよね。

同じ姿勢といっても、デスクワークなんかと違うところは、その20分間は一定の姿勢を全く崩せないというところ。

これ、意外と経験したことないしんどさなんです。

しかも、赤ちゃんってずっと抱っこしてると、だんだんずしっと重みが増してくるんですよね。腰や背中がだんだん曲がってくるとさらに負担がかかるし、腕も痛くなってきます。

授乳クッションは、そんな体の負担を軽減してくれる素晴らしいアイテムです。産婦人科で使ってみてからでも遅くないですが、買っておいて損はないはず。

授乳クッションは高さと弾力のあるものを!

授乳クッションと一言で言っても、サイズやデザインはいろいろあります。

人気の商品で言うなら、

MOGUとか、

MOGUマタニティ ママ マルチウエスト

エルゴなんかが有名ですよね。

Ergobaby ナチュラルカーブ・ナーシングピロー

これらは確かに機能性は抜群だと思います。お金に余裕があるならほしい。ですが、私的には、使うのは一時期だけだし、あまりお金をかけすぎるのも勿体ない気がします。

授乳クッションについては、特定のブランドにこだわる必要はないかなーと思ったので、私は退院後すぐ、赤ちゃんを母に見てもらって、近所の西松屋へ猛スピードで買いに行きました。

買ったのはこちら。


抱き枕&授乳クッション

選んだポイントは以下の3点です。

1.高さ・厚み・弾力のあるもの

赤ちゃんがクッションの上に乗っても、沈んで低くならないものがよいです。

特に高さ(厚み)は重要。赤ちゃんがだんだん沈んでくると、授乳姿勢も崩れてしまうので、どんどんしんどくなってしまいます。

また、弾力のある素材を選ぶことも重要。赤ちゃんが沈みすぎないような固さのものがよいです。

フワフワしすぎてないか、確認してから購入することをおすすめします。

正直言って、今回買ったこのクッションは、分厚くて弾力のあるものを選んだつもりだったのですが、それでもまだちょっと低いです。下にもう一つクッションを挟んで使ってます。

もっと分厚くて固いものがあれば、その方がよいかもしれません。

2.体に固定できるもの

今回私が買ったこのクッションは、大きめなのですが、端っこをボタンで留められるようになっているので、体にぐるっと巻きつけて、固定することができます。

それによって、クッション自体が動かないので、背もたれのない場所でも授乳しやすいのがよいです。

背もたれのあるソファーなどでは、ボタンをはずした状態でも使えるので、便利でした。

3.丸洗いできるもの

授乳クッションは、赤ちゃんのよだれや母乳が垂れて汚れます。

清潔な状態で授乳できるように、丸洗いできるものがおすすめです。カバーだけでなく、中身も洗えるものがいいと思います。

購入する際には、洗濯の表示を確認しておきましょう。

授乳クッションの使い方

授乳クッションは、クッション部分がくねっと曲がっているのが特徴。

真ん中の穴に、母親の体をはさみます。

私は脇抱き(ラグビー抱き)で授乳することが多いのですが、その場合は、クッションを片側に挟みます。

腰の後ろにまわっているクッションが、ソファーの背もたれにつくように深く腰掛けて、姿勢を正し、そのままの姿勢でキープ。

背もたれがない場合は、ボタンを留めて体の周りにクッションを固定し、そのままの姿勢でキープ。

片腕で赤ちゃんを抱えて、授乳します。

こんなかんじ。

授乳が終わって、ゲップをさせた後など、授乳クッションを前に持ってきて膝の上に置き、そこへ赤ちゃんを寝かせることもできます。

いいかんじに穴にスポッと入るので、赤ちゃんも安心した様子。(赤ちゃんは胎内にいた頃、丸まった姿勢でいるため、体を丸めた姿勢が落ち着く場合が多いそうです。)

うまく使えば、背中・腰・腕への負担はかなり軽減されます。ほんま重宝してます。

まとめ

最初は買うかどうか迷っていた授乳クッションでしたが、購入して本当に正解でした。もはや授乳クッションなしでの授乳は、考えられません。

毎日の授乳で体が辛い!という人には、ぜひ使うことをおすすめします。

選ぶときのポイントを知って、自分に合った使いやすい授乳クッションを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です