自家製シロップが美味!調布「あずきや安堂」のこだわりかき氷

かき氷が食べたくなる季節になりましたね。

かき氷と言えば、ちょっと前までは屋台なんかで売ってるカラフルなシロップがかかったものが主流でしたが、最近はもう革命が起きてますね。かき氷屋さんのかき氷は、お祭りで食べるかき氷とは全く別物。ふわふわの氷と、自家製のシロップがクセになりますよ。

東京都調布市にある「あずきや安堂」のかき氷を食べに行ってきました!

スポンサーリンク

あずきや安堂

azukiya-ando3

基本情報

■所在地
東京都調布市布田1-36-10(調布北口天神通り)

■TEL
042-455-1221

■営業時間
10:30~19:30
※なくなり次第終了

■アクセス
京王線「調布」駅より徒歩5分

お店の雰囲気

調布駅から歩いてすぐ。「ゲゲゲの鬼太郎」のオブジェのある天神通り商店街の中にあるお店です。

カフェのように店内で食べる場所はなく、店頭で今川焼とかき氷を販売しています。もともと今川焼のお店ですが、かき氷は2010年から始めて今年で7年目なのだとか。

お店の前にベンチが2つあるので、空いているときはそこに座って食べることもできます。天神通り商店街を食べ歩きするのもおすすめです。

ふわふわ!氷にこだわったかき氷

azukiya-ando4

「あずきや安堂」のかき氷は、氷がとってもフワフワです。特に、カップの上の方の氷は、口に入れるとふわっととろけるので、頭がキーンとしません。たっぷりあるように見えても、軽く食べられますよ。

また、氷に使われているのは、何度もろ過をして塩素(カルキ)を取り除いた純水なんだとか。美味しい水から作られた氷の爽やかな味わいが特徴です。

かき氷・今川焼メニュー

azukiya-ando2

自家製シロップが安くて美味しい!

メニューを見てみると、自家製シロップの気になるかき氷がいっぱい!どれも500円程度で食べることができます。こだわりかき氷のお店にしては安いですよね!たまに「確かに美味しいけど氷とは思えないくらい高っ!」と思うお店があったりしますが、ここのかき氷の値段は良心的です。

定番の抹茶あずきや、いちごみるく、ブルーベリーミルク、黒蜜きなこシリーズなど、どれもとってもおいしそうです。

特に、もともとあずきのお店なので、高級和菓子店でも使われている最高級のあずきを使った自家製あずきが人気なんです。自分の好きなかき氷に、50円であずきをトッピングすることもできるのも嬉しいですね☆

今川焼の種類もいろいろ♪

かき氷を目当てに訪れたのですが、今川焼もとってもおいしそうでした。

あずき、白あん、クリーム、うぐいすあん、クリームチーズなど、いろんなバリエーションの今川焼がありましたよ。個人的にはクリームチーズがとても気になったのですが、かき氷が食べたかったので、今回は諦めました。

週末限定!「黒蜜マンゴー」を食べてみました

日曜日の夕方に立ち寄りました。17:00くらいだったため、他のお客さんは2組程度。行列もなくすぐに買うことができました。

どれにするか迷ったのですが、果物系を食べたい気分だったので「黒蜜マンゴー」(600円)をチョイス。週末限定のメニューなんだそうです。

出てきたのはこちら!

azukiya-ando1

カップから溢れそうなくらい、どっさりとのせられたかき氷。シロップもたっぷりかかってます。

上にのってるマンゴーはごろっと大きく、食べごたえばっちり!このごろっとしたマンゴー、食べていくと中にも3つくらい入ってました。黒蜜の甘さと氷の冷たさがいいかんじに口の中に広がってとっても美味しかった!

かなりボリュームがあるように見えますが、ふわっとしてるので、意外にもすぐにペロリと食べられました。

ただ、あまりにもどっさりと乗っているため、スプーンできれいに食べるのが難しく、かなり上手に食べないと途中氷が落ちます。私はマンゴーも1つ落としてしまいました(ショック…!)。落とさないように外側から攻めてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

東京都調布市にある「あずきや安堂」は、500円程度でシロップや氷にこだわったおいしいかき氷を食べることができます。今川焼もおいしそうでしたよ!

暑い夏の一休みスポットに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です