高知へ子連れ旅行!桂浜水族館はウミガメにエサやりが楽しい!

高知市内から車で行きやすい桂浜は、定番の観光スポット。

桂浜公園内にある水族館に遊びに行ってきました。

こじんまりとした昔ながらの水族館ですが、小さな子ども連れで行くにはちょうどよい規模で、ゆっくり楽しめましたよ。アクセスや料金、見どころをご紹介します!

スポンサーリンク

桂浜水族館へのアクセスや料金

桂浜水族館は、坂本竜馬像でも有名な桂浜公園内にあります。

高知市内からは車で約30分くらいで行けます。

駐車場を降りると、「THE観光地」というかんじのお土産屋さんが何軒かあって、そのまま進めば、すぐ海岸が見えます。

桂浜水族館の入口は、太平洋が見える海岸のすぐそばにありました。

入場料金は大人1200円、小中学生600円、幼児(3歳以上)400円。水族館の相場としては普通かな。正直あまり安いとは言えないのですが、ここにいる生き物たちのためと思えば、ある程度は仕方ないですね。

ベビーカーや授乳室は?

ベビーカーは入口のスタッフさんにお願いすれば預かってもらうこともできます。

そのまま入ってもOKですが、中はわりと段差があって、ベビーカーだとちょっとまわりづらかったので、預けた方が楽かもしれません。

私たちが訪れた日は雨が降っていたので、入口入ってすぐのフロアをベビーカーでまわったあと、入口に戻って預かってもらい、外にいる生き物たちは抱っこひもで見てまわりました。

ここの売店の中に授乳室もあるようですが、今回は利用しませんでした。

桂浜水族館の見どころをご紹介

桂浜水族館は、特別大きな生き物がいるわけでもなく、水槽トンネルなどの派手な展示があるわけでもないので、迫力がないなーと思ってしまう人もいるかもしれませんが、こういう地方の水族館ならではの楽しみ方ってあると思うんですよね。

例えば、群馬の草津熱帯圏だとか、

温泉だけじゃない!草津熱帯圏はカピバラやサルとふれあえる動物園
冬は温泉に行きたくなりますよね。草津温泉は、言わずと知れた人気の温泉地。夫婦で訪れたいと思っている人も多いのではないでしょうか。 草津の温泉街には、食べ歩...

大阪の五月山動物園だとか、

大阪池田市の五月山動物園は子連れ向け!駐車場・授乳室情報など
大阪府池田市にある「五月山動物園(さつきやまどうぶつえん)」は、赤ちゃん連れでも楽しめる小さな動物園です。 規模は小さいですが、日本に数匹しかいないという...

こういう地方の動物園や水族館って、規模は小さくても、生き物との距離が近いんですよ。そして、人が少ないからゆっくり見られるんですよね。

赤ちゃん連れだと、こういったところでゆっくり楽しむ方が満足度高いです。私たち夫婦は、子どもが生まれる前から動物園デートしまくってたくらい生き物好きなので、むしろこういう地方の小規模動物園や水族館にこそ魅力を感じる部分もあります。

桂浜水族館も日曜日に訪れたのですが、人もそれほど多くなく、かなりゆっくり見られました。赤ちゃん連れにはちょうどよい。人が少ないと、周りをあまり気にしなくていいので、大人も気が楽だしね。

ウミガメにエサやりができる!

入口入ってすぐの大きな水槽の中には、ウミガメがうじゃうじゃいますw

そして、こんな看板が。

「かむよ!かんじゃうよ~!」

置いてあるエサを購入するとエサやりができるのですが、気を付けないと噛まれるそうですw

そんな煽られたら「タートルズ・スリラー」エリアで体験するしかない。

トングを使って差し出すと、

めっちゃ集まってきました。

乗りだしてくるカメさん。

勢い凄いです。

水槽から跳び出して来そう。

水もかかるしちょっと怖い。けど、面白かったです。

こういう、都会だと並んだり別料金払ったりしないとなかなかできない体験がさらっとできるのが、地方の水族館ってかんじでよいですね。

珍しい魚アカメもいるよ!

アカメは、その名の通り目が赤く光る不思議な魚で、西日本の太平洋岸にのみにいる日本の固有種です。

世界的にも珍しい魚で、絶滅も心配されてるらしいのですが、私は地元が愛媛なので、子どもの頃にも見たことがあったし、逆にそこまで珍しいって知らなかった。夫は初めて見たそうです。

一見普通によくいそうな魚ですが、

置いてあるライトを持って照らすと、

目が赤く光ります…!!!!

ペンギンとふれあい!写真も撮れる!

これも人の多い都会だとありえないと思うんですが、ペンギンのお散歩の時間になると、入口付近のスペースに、スタッフとペンギンが普通にいますw

一緒に写真を撮ってもらって、ちょっとだけ触らせてもらいました(待ち時間なし!)。

ペンギンって何度も見たことあるけど、触ったのは初めて…!!!!

ペンギンのスペースへ行くと、エサやりも自由にできます。

他にもふれあい体験いろいろ

今回は時間的に体験できなかったのですが、カワウソにもエサやりできるらしい。カワウソってかわいいですよね。この日は2匹で寄り添って寝てました。

この気だるいかんじがよい。かわゆい。

11月からはカピバラのエサやりもスタートするそうです。

また、人気のカクレクマノミとふれあえる「にもっちんぐ」というイベントも。

これは水槽に手をつっこんだら、クマノミたちが集まってきて触れるというなんとも珍しいイベント。クマノミを展示してる水族館はたくさんあるけれど、ふれあいを実施してるのは全国的にも桂浜水族館のみだそうですよー。

まとめ

桂浜水族館は、規模は小さいけれど生き物との距離が近い、子連れにおすすめの水族館でした。手作りの説明書きやスタッフさんの対応にも温かみがあって、地方ならではのゆったりした過ごし方ができました。

大きな水族館には大きな水族館のよさがあるのですが、桂浜水族館は、規模の小さい水族館ならではのお楽しみがありますよ。

よかったら訪れてみてくださいねー。

【桂浜水族館】

■所在地
高知県高知市浦戸778桂浜公園内
■TEL
088-841-2437
■開園時間
9:00~17:00
※年中無休
■入園料
大人1200円
小中学生600円
幼児(3歳以上)400円
公式HP

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です