ウミガメ出現率高すぎ!那覇から行ける離島「阿嘉島」のビーチ

沖縄観光は本島もよいですが、静かな離島で大自然を感じながらのんびりするのもオススメです。

人気の石垣島や宮古島ももちろん素敵ですが、那覇の港から行くことのできる慶良間諸島なら、本島と合わせて、気軽に離島観光を楽しめます。

今回私たちは「阿嘉島(あかじま)」という離島を訪れました。阿嘉島のビーチは、かなりの確率でウミガメに会えるビーチがあります。阿嘉島に行ったらぜひ訪れたい、2つのビーチをご紹介します。

スポンサーリンク

阿嘉島ってどんなところ?

阿嘉島は、沖縄本島の西にある慶良間諸島に属する島。

那覇の泊港(とまりこう)という港から、フェリーで約1時間半。高速船なら50分くらいで到着します。

那覇から近いので、わりと行きやすい島だと思うのですが、島へ降り立つと、那覇市内とはがらっと雰囲気が変わります。

「THE島」の雰囲気。

aka-island2

とにかく静かで、建物も港付近以外にはほとんどありません。

観光客はちらほらいますが、そこまで思い切り観光地化されていないというか、まだまだ手つかずの自然がたくさんある島です。その分人も少なくて、個人的にはかなりオススメ!

海・ビーチで遊ぶ以外はあまりすることがありませんが、ダイビングやシュノーケリングを目的に訪れるなら最適の島です。

ウミガメに会える!「阿嘉ビーチ」

aka-island8

ビーチからのシュノーケリングでウミガメに会える海は、とっても珍しいですよね。

(本島の海でウミガメを見ようとすると、ホテル主催の「シュノーケリングツアー」などに参加して、船でウミガメのいるスポットまで移動してから、シュノーケリングをする場合が多いです。数千円のお金がかかります)。

阿嘉島の「阿嘉ビーチ」には、たくさんのウミガメが生息しています。宿の方に聞いてみたところ、これまで20匹以上のウミガメが確認されているそうで、海を覗いていると、かなり高い確率でウミガメと会えるとのこと。

「阿嘉ビーチ」はこんなビーチ

阿嘉ビーチは、テトラポットがたくさんあり、それを乗り越えて砂浜に降り立つようなかんじになってます。

aka-island3

見ての通り、砂浜のスペースは狭いため、簡易テントを建てる場所はありません。テトラポットの一部を拠点にして、荷物を置いたら、そのまま海へ。

阿嘉ビーチは、人工的に整備されているビーチではありません。着替えるスペースやシャワー・トイレなどもないので、宿でいろいろ済ませてから出かけましょう。

海の様子はというと、テトラポットが波の高さをある程度和らげてくれるとはいえ、お天気のよい日でもわりと波があります。砂浜の砂は細かいので足は痛くありませんが、海に入ると砂はザラザラ。

また、水深が深く、すぐに深くなるため結構危ないです。

これだけを聞くと普通なら、ちょっとここで泳ぐのはやめておこうかな…と思ってしまうかもしれませんよね。私もビビりなので、「え、ちょっと波あるやん、怖いやん、やめとこかな…」と思ったのですが、一度シュノーケリングを始めると、想像以上に海の中が凄すぎてやめられなくなりました。

海の中の様子

海に入ったらすぐ、いきなり両手を広げたくらいの大きさの魚が2、3匹目の前を横切りました。数メートルで足は届かない深さになるのですが、もうそこはサンゴだらけ。魚だらけです。

珊瑚礁と魚たちを観察しながら泳いでいると、岩や珊瑚の間に溝が続いているような場所があります。その「通り道」のようになっているところにいました!!

aka-island

ウミガメです。

(※イメージ写真。水中を写せるカメラがなかったのが残念!!)

海に入って数分で見つけられました。え、こんなすぐ見つかっていいの!?というかんじw

デカイ!デカイし近い!

絶対にウミガメには触らないように…とのことですが、これは本当に触れてしまいそうな近さでした。岩にくっついた藻?をひたすら食べていて、私たちがじっと見ていても、逃げる気配は全くありません。

こんなにじっくり、野生のウミガメを見られるところってなかなかないです。ビーチ付近で本当にウミガメに会えるなんて感動でした。

リゾート満喫!「北浜(ニシハマ)ビーチ」

aka-island5

リゾート気分を満喫したいなら、「北浜ビーチ」がおすすめです。「北浜」と書いてなぜか「ニシハマ」と読む、ややこしい名前です。

港からは徒歩だと30分以上かかるそうなので、宿の送迎バスで送っていただきました。

ニシハマビーチはこんなビーチ

「阿嘉ビーチ」とは、雰囲気ががらりと違う「ニシハマビーチ」。

こちらは、真っ白の砂浜がだだっ広く続いていて、いかにもリゾート!ってかんじです。長時間のんびりしたいなら、「阿嘉ビーチ」よりもこちらがオススメ!

木陰に簡易テントを建てて、拠点にしました。

ニシハマビーチでは、デッキチェアやパラソルも借りられます(数に限りあり)。午前中に行ったら貸切状態でしたが、午後になると団体も訪れていました。

シャワー・トイレもあるので、宿が遠くてビーチだけでいろいろ済ませたいという場合は、ニシハマビーチの方が便利です。

カフェもあります。

aka-island6

テントが張られていて、いくつかのお店がありました。浮き輪などの貸出もしてもらえるみたいです。

私たちも、お昼は日本語ペラペラの外国人の方がやってるおしゃれなカフェ「BBS」で食べました。ランチメニューやスイーツなどいろいろありました。ペットボトルの飲み物やおやつも売ってます。

aka-island7

海の中の様子

海には、ブイが浮かんでいて、遊泳区域外で泳ぐことはできません。監視員の方もいるので安心ですが、お魚が見られるかどうかがちょっぴり心配でした。

が、ニシハマビーチにも魚たちはたくさんいました!!
泳いでいると、魚たちの方からたくさん寄ってきます。

砂浜にはちらほら泳いでいるくらいなのですが、ブイのぎりぎりまで泳いで行って、覗いてみると、そこは魚の楽園です。

aka-island9

美しい珊瑚礁と、熱帯魚たちの大群が見られました。キラキラ光る小魚や、『ファインディングニモ』にも登場するクマノミ・ナンヨウハギ・ツノダシにも会えました。

阿嘉ビーチに比べると全体的に魚のサイズは小さめですが、とにかく透明度が半端ないので、「海の中の美しさ」で言うなら、ニシハマビーチがアツいです。

2つのビーチ【おすすめポイント】

「阿嘉ビーチ」と「ニシハマビーチ」のおすすめポイントをまとめてみます。

おすすめポイント
阿嘉ビーチ ・ウミガメに会える
・大モノの魚に会える
・いろんな魚がうじゃうじゃいる
・港(宿などが集まる場所)から近い
ニシハマビーチ ・海の透明度が素晴らしい
・珊瑚礁と魚たちが美しい
・カフェ、シャワー、トイレなどの設備あり
・砂浜が広く、景観もよい

まとめ

aka-island4
島には慶良間鹿もいます(駐車場にふつうに出没中)。

いかがでしたか?

どちらのビーチにも、それぞれのよさがあるので、時間があるなら両方行ったらいいと思います。感動すること間違いなしの美しい海ですよ。

阿嘉島の海はどちらも水深がわりとすぐ深くなるので、シュノーケリングをする際は、必ずライフジャケットを着用しましょう。波もわりとあるので、フィンもあると泳ぎやすいですよ。

ぜひ一度、訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです☆

フォローはこちらから☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です